月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

蘇炳添が9秒95で中国全国運動会男子100mを初制覇、東京五輪6位入賞の実力発揮


中国全国運動会男子100mで念願の初優勝を飾った蘇炳添。写真は東京五輪

9月21日、中国・陝西省西安で開催された第14回中国全国運動会の男子100mで蘇炳添(スー・ビンチャン)が9秒95(風不明)の大会新で優勝した。2位は200mのアジア記録(19秒88)保持者の謝震業で10秒10、3位には呉智強が10秒18で続いた。

この大会は4年に1度開催される中国の大規模スポーツイベント。蘇炳添は2009年、13年、17年と出場しているが優勝は初めてだった。「この大会をオリンピックと同じくらい大切だと思ってきたので、夢を実現できてとてもうれしい。次回大会は故郷の広東省で開催されるが、正直なところ、競技ができる見込みは大きくないので今回夢をかなえることができてよかった」とのコメントが中国メディアで報じられている。

32歳の蘇炳添は今年の東京五輪の男子100m準決勝で9秒83のアジア新記録を樹立、決勝では9秒98で6位に入った。15年にアジア出身選手として初の9秒台をマークし、今回は追い風参考を含めて自身13度目の9秒台だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com