月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

近大高専の伊藤陸が走幅跳で学生歴代10位の8m05!41年ぶり快挙へまず1冠/日本IC

◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)1日目

第90回日本インカレの初日が行われ、三段跳で2連覇中の伊藤陸(近大高専6)が男子走幅跳で素晴らしい跳躍を見せた。前半は動きが硬く、1回目はファウル、2回目は7m79(+1.0)、3回目はファウルだった。しかし、4回目は7m83(+1.1)と記録を伸ばすと、5回目に学生歴代10位となる8m05(+0.8)をマーク。6回目も7m90(+0.1)を跳んで完勝した。

「4本目からリラックスしていい動きができるようになりました。5本目は踏み切りが詰まってしまい、感触は良くなかったんですけど、気持ちで持っていった部分がありますね。学生個人ほど跳んだ感じはなく、会心のジャンプではありませんでした。ただ、もう1回8mを跳べたらいいなと思っていたので、結果的には良かったです」

昨年の日本インカレは7m75(+0.3)で3位。今季は6月の個人学生選手権で大台(8m00)に乗せると、この日本インカレでユージン世界選手権の参加標準記録(8m22)にあと17㎝まで迫ったことになる。

伊藤は16m35のU20日本記録を持つ三段跳のキャリアが先行してイメージがあるものの、本人は走幅跳と三段跳の両方を「メイン種目」と捉えている。最終的には「両種目で世界と勝負したい」という野望を持つ。

今季はシーズン前半で走幅跳を中心に取り組み、日本選手権にも出場。7m70(+0.4)をマークして8位に入っている。その後は三段跳に力を注ぎ、日本インカレを目指してきた。走幅跳の練習は1週間ほど前から再開した状態だったという。

「走幅跳は緊張したんですけど、三段跳は仕上がっていると思うので、3日目はいい記録で終わりたい。自信はありますよ。目標は16m台後半を跳んで、来年17m台を狙うための準備をしたいです」と伊藤。連覇の懸かる男子三段跳でも好記録が期待できそうだ。

なお走幅跳・三段跳の2冠を達成すると中西正美(日体大)以来、41年ぶりの快挙になる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com