月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京マラソン2021の10月開催を断念、来年3月6日に延期 2022年大会は中止


東京マラソン財団は9月17日に都内で臨時理事会を開き、東京マラソン2021について、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の延長で10月17日開催を断念し、次回となる東京マラソン2022の開催予定日だった来年3月6日に延期することを決めた。これに伴い、東京マラソン2022は開催を断念するとしており、次回大会は中止となる。

東京マラソン2021については、感染状況を踏まえて昨年秋に従来の3月から7ヵ月ずらして10月17日の開催を決定。また、一般ランナーを3割余り減らし、38000人規模から25000人規模とし、今年3月には参加者募集を行っていた。

しかし、東京都では7月12日に緊急事態宣言が発出された後も感染が拡大し、宣言期間は当初8月22日までだったのが、9月12日まで延長。その後も宣言の解除基準まで収束することなく9月30日までさらに延長された。

その状況では、今大会の要項に盛り込まれた大会中止決定基準である「新型コロナウイルスの感染拡大により、大会開催1ヵ月前以降に緊急事態宣言が発せられている場合や自治体からの開催自粛要請が発せられている場合」に合致することから、10月開催を見送り、来年3月の2022年大会開催日まで延ばすこととした。

延期に伴い、ランナーやボランティアは来年3月に行われる大会の出走、または参加料の返金を選択する。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com