月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

サラザール氏の異議申し立てを却下 ドーピング規則違反についてCASが裁定

米国・ナイキオレゴンプロジェクトのヘッドコーチ、アルベルト・サラザール氏がドーピング違反について、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は9月15日、同氏の異議申し立てを却下したと複数の海外メディアが報じている。

サラザール氏は禁止物質のテストステロンの取引、ドーピング検査プロセスの改ざんまたはその企てを含む複数のドーピング違反により、2019年に全米反ドーピング機関(USADA)によって4年間の資格停止処分を下され、異議申し立てを行っていた。処分の期間は2023年の9月29日まで。

世界アンチ・ドーピング機関(WADA)はIOCの要求に応じサラザール氏の指導を受けた選手を調査することをすでに約束しており、五輪金メダリストのM.ファラー(英国)やS.ハッサン(オランダ)らがこれに該当する。ただし、いずれの選手も禁止物質の使用を否定しており、ドーピング違反で起訴された者はいない。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com