月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪入賞のティロップとテフェリが10km&5kmで世界新!ドイツで世界記録挑戦のロードレース開催


アディダス主催で同メーカー契約選手たちがロードの世界記録に挑戦する「adizero Road to Records」がドイツ・ヘルツォーゲンアラウハで開催された。種目は男女それぞれ、5km、10km、ハーフマラソン。女子10kmで、A.ティロップ(ケニア)が30分01秒をマークし、A.レグザウィ(モロッコ)が2002年に樹立した30分29秒の女子単独レース世界記録を大きく上回る19年ぶりの世界新を樹立した。男女混合レースを合わせても世界歴代6位の好記録。ティロップは東京五輪5000mで4位で、トラックの10000mベストは30分25秒20(19年)を持つ。また、2位のS.チェプキルイ(ケニア)も30分17秒と従来の世界記録を上回った。

また、女子5kmでは東京五輪5000m6位のS.テフェリ(エチオピア)が14分29秒の世界新記録を樹立。従来の記録は、女子単独レースはS.ハッサン(オランダ)の持つ14分44秒、男女混合レースはB.チェプコエチ(ケニア)の14分43秒で、いずれも更新した。

他では、男子ハーフマラソンでA.キプチュンバ(ケニア)が今季世界最高の58分48秒でトップ。女子ハーフはB.ジェプレティング(ケニア)が1時間6分52秒で優勝した。男子10kmはR.キプルト(ケニア)が世界歴代3位の26分43秒で1位、同2位はT.ウォルク(エチオピア)で世界歴代5位の26分56秒だった。男子5kmは1位のJ.クロップ(ケニア)が13分06秒(世界歴代3位)、2位がM.エドリス(エチオピア)で13分09秒(同4位)、3位のH.キプラガト(ウガンダ)は13分13秒(同9位)と軒並み好記録だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com