月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

五輪2冠のトンプソン100m世界歴代2位の10秒54!ジョイナーの世界記録に肉薄/DLユージン


写真/時事

ダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国)が21日に行われ、女子100mでE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が10秒54(+0.9)をマークして優勝した。この記録は世界歴代2位で、フローレンス・グリフィス・ジョイナー(米国)が1988年に樹立した世界記録10秒49にあと0.05秒に迫った。

トンプソン・ヘラーはリオ五輪、東京五輪と女子100m、200mで史上初の2大会連続2冠を達成。東京五輪の100mではジョイナーが88年ソウル五輪でマークしたオリンピックレコード10秒62を33年ぶりに更新して10秒61で優勝していた。

2位にシェリーアン・フレイザー・プライス(ジャマイカ)が10秒73で続き、S.ジャクソンが10秒76で東京五輪と同じジャマイカ勢によりトップ3独占。10秒72の自己記録を持ち、全米五輪選考会を制しながらマリファナの陽性反応によりドーピング違反で失格となり1ヵ月の出場停止処分が下っていたS.リチャードソン(米国)は11秒14で9着だった。

■女子100m世界歴代5傑
10.49(0.0) F.G.ジョイナー(米国)88年
10.54(0.9) E.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)21年
10.63(1.3) S.A.フレイザー・プライス(ジャマイカ)21年
10.64(1.2) C.ジェッター(米国)09年
10.65(1.1) M.ジョーンズ(米国)98年



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com