HOME ニュース、国内

2021.08.21

今秋の三重国体が中止へ 新型コロナの感染急拡大を受けて三重県知事「苦渋の決断」
今秋の三重国体が中止へ 新型コロナの感染急拡大を受けて三重県知事「苦渋の決断」


今秋の第76回国民体育大会「三重とこわか国体」(9月25日~10月5日/陸上競技は9月30日~10月4日、会場:三重交通Gスポーツの杜 伊勢)について、三重県の鈴木英敬知事は8月21日に緊急の記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて中止する方向で、大会共催者である日本スポーツ協会や文部科学省と協議することを明らかにした。

三重県は8月17日、国体の無観客開催や9月4日から行われる水泳などの会期前競技の実施を発表。同25日以降の本会期の実施競技については、同4日に開催可否を判断するとしていた。

しかし、1日あたりの感染者が8月21日まで5日連続で過去最多を更新しているなど、「爆発的な感染者数の増加」(鈴木知事)という現状で、開催が難しいと判断した。

鈴木知事は「断腸の思い、苦渋の決断で、主催者の方々と協議に入ることとした。懸命に懸命に努力を重ねてきたアスリートのみなさんや、支えてくださったみなさんに対し、心からお詫びを申し上げる。申し訳ない」と頭を下げた。第21回全国障害者スポーツ大会「三重とこわか大会」(10月23日~25日)についても中止を申し入れる。

秋の国体については、昨年行われる予定だった鹿児島大会が「年内中止」として2023年に延期となっており、三重大会の中止が決まれば、コロナ禍で2年連続で開催されないことになる。

今秋の第76回国民体育大会「三重とこわか国体」(9月25日~10月5日/陸上競技は9月30日~10月4日、会場:三重交通Gスポーツの杜 伊勢)について、三重県の鈴木英敬知事は8月21日に緊急の記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて中止する方向で、大会共催者である日本スポーツ協会や文部科学省と協議することを明らかにした。 三重県は8月17日、国体の無観客開催や9月4日から行われる水泳などの会期前競技の実施を発表。同25日以降の本会期の実施競技については、同4日に開催可否を判断するとしていた。 しかし、1日あたりの感染者が8月21日まで5日連続で過去最多を更新しているなど、「爆発的な感染者数の増加」(鈴木知事)という現状で、開催が難しいと判断した。 鈴木知事は「断腸の思い、苦渋の決断で、主催者の方々と協議に入ることとした。懸命に懸命に努力を重ねてきたアスリートのみなさんや、支えてくださったみなさんに対し、心からお詫びを申し上げる。申し訳ない」と頭を下げた。第21回全国障害者スポーツ大会「三重とこわか大会」(10月23日~25日)についても中止を申し入れる。 秋の国体については、昨年行われる予定だった鹿児島大会が「年内中止」として2023年に延期となっており、三重大会の中止が決まれば、コロナ禍で2年連続で開催されないことになる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

ユニクロが公式サイトビジュアルをリニューアル!パリ五輪選考の日本選手権へ「今年は、私たちがやってやる!」

ユニクロ女子陸上競技部は6月24日、同部公式サイトのトップページビジュアルをリニューアルした。 2024年度に新メンバーが加わり、「今年は、私たちがやってやる!」という燃え上がる選手たちの闘志をイメージ。その下にはチーム […]

NEWS 東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top