月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

マラソン中村匠吾は故障に苦しみ62位「最後まで走り切れて良かった」


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技10日目

陸上競技10日目モーニングセッション、陸上競技最後の種目となる男子マラソンが札幌市で行われ、19年9月のマラソングラウンドチャンピオンシップ(MGC)で優勝。いち早く東京五輪代表を勝ち取った中村匠吾(富士通)だが、2年後の東京五輪は厳しい戦いになった。

序盤からトップ集団でのレースを避けて、5kmを15分34秒(66位)、10kmを31分34秒(72位)で通過。中間点を1時間7分42秒(75位)で折り返すと、後半は苦しみながらも、少しずつ順位を上げた。途中棄権者が続出した過酷なレースを最後まで走り抜き、2時間22分23秒の62位でレースを終えた。

トップ集団は5km15分17秒、10㎞30分53秒。中間点を1時間5分13秒で通過した。それは中村の予想を上回るものだった。

「前半はもう少しスローペースになるのかなと思っていたんです。予想以上のペースで進んだので、身体と相談しながら、自分のペースを守って走ることを考えました。でも、途中から思っていたよりも動かなくて、つらい42.195㎞になりました」

五輪代表が内定してからは故障もあり、苦悩の日々が続いた。コロナ禍の中でうまく調整ができない部分もあったという。

「ここまでつらい日々でしたが、いろんな方の支えがあり、スタートラインに立つことができました。こんな結果ですけど、最後まで走り切れて良かったです。スタッフの方、トレーナーさん、本当に多くの方に支えられてゴールすることができたと思います」

厳しい戦いを終えた中村にとって、今は安堵感の方が強いかもしれない。しかし、現実もしっかりと受け止めている。

「結果がすべての世界なので、もう一度(五輪に)戻ってきて、新たな姿が見せられるように頑張りたいと思います」

不完全燃焼に終わった東京五輪。中村匠吾のチャレンジは終わらない。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com