月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

マラソン入賞を目指した服部勇馬は熱中症で後退し73位「また五輪の舞台に帰ってきたい」

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技10日目

陸上競技10日目モーニングセッション、陸上競技最後の種目となる男子マラソンが札幌市で行われ、服部勇馬(トヨタ自動車)は2時30分08秒の73位でフィニッシュした。

男子マラソン日本代表で最年少の服部は、大迫傑(Nike)とともにトップ集団でレースを進めた。

「入賞を目指していたので、先頭集団につくことに迷いはありませんでした」と服部。20km(1時間1分47秒)まではトップ集団でレースを進めたが、ほどなく集団から遅れ始める。その後は過酷な状況が待っていた。

トップ集団とは25kmで1分08秒差、30kmで4分18秒差と一気に引き離される。体調不良は明らかだった。「途中棄権」という言葉が何度も頭をよぎったが、服部はフィニッシュに向けて歩を止めることはなかった。

「これまで支えてくださった方々を頭の中で思い出しましたし、これまで戦ってきたライバルや MGC でともに戦った選手たちの思いを踏みにじるようなことはしたくない。絶対に最後まで諦めずに走ろうと思いました」

両手に氷を持った服部はフィニッシュ直前でも左太腿を抑えて立ち止まる。フラフラな状態だったが、106人が出走して30人が途中棄権した厳しいレースを完走。日本代表として最後まで戦い抜いた。

レース後は車いすで搬送されるほどに体力を消耗していた。深部体温が 40度以上に上昇した熱中症の重い症状だったという。

「これから先もマラソンとともに生きていきたいと思っています。全く勝負はできませんでしたが、この悔しい経験を忘れずに次のパリ五輪で勝負できるように精進していきたい。強さのある選手になってまたオリンピックの舞台に帰ってこれるように頑張ります」

アキレス腱や膝を痛めるアクシデントもあり、服部は「不安」と戦ってきた。「スタートラインに立てないのではないか」と考える日が何度もあったという。それでも「入賞」を目指して真っ向勝負を選んだ。この経験がパリ五輪に生かされることを期待したい。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com