月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪、陸上はメダル2つを含む入賞9!戦後最多を更新、女子入賞4大会ぶり、若い力目立つ


写真/時事

東京五輪・陸上競技の全日程が終了した。日本は金メダルこそなかったが、男子20km競歩で池田向希(旭化成)が銀メダル、山西利和(愛知製鋼)が銅メダルを獲得。この種目では五輪初メダルで、同一種目で複数メダル獲得は、1936年ベルリン五輪(マラソン、棒高跳、三段跳)以来、85年ぶりの快挙となる。

6位入賞には、男子走幅跳の橋岡優輝(富士通)、同50km競歩の川野将虎(旭化成)、そして最終日のマラソンの大迫傑(Nike)。走幅跳は1984年の臼井淳一(7位)以来、37年ぶりの入賞だった。

男子3000m障害の三浦龍司(順大)、女子10000mの廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が7位、女子1500の田中希実(豊田自動織機TC)、同マラソンの一山麻緒(ワコール)が8位。三浦と田中はこの種目初の入賞で、女子入賞は2004年アテネ五輪以来4大会ぶり。大迫傑(30歳)を除いて全員が25歳以下と特に若い世代の活躍が目立った。

今大会はメダル2を含む入賞9となり、前回リオ五輪(4)を大きく上回り、1992年バルセロナ、2004年アテネの「8」を抜いて戦後最多の入賞数となった。なお、過去最多は1932年ベルリン五輪の17(※当時は6位まで入賞)。


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com