月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

マラソン73位・服部勇馬は熱中症「マラソンとともに生きていきたい」


◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技10日目

陸上競技10日目モーニングセッション、札幌市で行われた陸上競技最後の種目となる男子マラソンに出場し、2時間30分08秒で73位となった服部勇馬(トヨタ自動車)が、日本陸連を通じてコメントを発表した。

脚を引きずるようにフィニッシュし、倒れ込んで車いすで運ばれた服部。「深部体温が40℃以上に上昇した熱中症の重い症状だったため医務室で迅速に冷却処置を行った」(陸連発表)という。

序盤は「入賞を目指していたため、先頭集団についてレースをしたいという思いがあった」と、覚悟を決めて走った。身体の状態に異変が起きてからは「何度も棄権ということも頭をよぎった」というが、「支えてくださった方や、ここまで戦ってきたライバルの思いを踏みにじるようなことは絶対にしたくない」と、フィニッシュまでたどり着いた。

初の五輪は苦い経験となったが、「この悔しい経験を忘れずに、次のパリ五輪で勝負したい」と服部。「ここから先、またマラソンとともに生きていきたい。強さのある選手になってオリンピックに帰ってこられるように」と、服部らしく前を向いた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com