月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

10000m相澤晃が17位、伊藤達彦は22位 世界との差を痛感する結果に


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技1日目

陸上競技1日目のイブニングセッション、男子10000m決勝に相澤晃(旭化成)と伊藤達彦(Honda)が出場。相澤が28分18秒37で17位、伊藤は29分01秒31で22位に終わった。

陸上競技の初日、唯一の決勝種目だった男子10000m。レースはスローペースで進み、相澤と伊藤は中盤まで並走するかたちで集団についていた。

伊藤が「ペースの上げ下げが体感したことのないものだった」と、細かなペース変動に対応できず後退。相澤も中盤過ぎまで集団についていたが、「ペースアップについていくほど余裕がなかった」と、最後は力尽きた。

相澤は「まだまだ日本の男子長距離は世界との差が大きい」と実感。マラソンなどへの転向も見据えているものの「10000mを極めて勝負できるようにしたい」と力を込めた。初の五輪に「海外の選手は楽しんでいるように見えた。自分も次は楽しめるように準備していきたい」と語った。

伊藤は「相澤にも離され、世界とも差があった。情けない」と唇を噛む。「3日前まで緊張していなかったが、これがオリンピックなんだと実感した」と普段通りの走りが見せられなかった。

レースはラストスパート合戦を制したS.バレガ(エチオピア)が27分43秒22で金メダル。2位にドーハ世界選手権優勝で世界記録保持者のJ.チェプテゲイ(ウガンダ)が27分43秒63で続き、同じくウガンダのJ.キプリモが27分43秒88で銅メダルを獲得した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com