月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

田中希実5000mは自己新の初14分台も予選敗退「ラストの流れに対応できず悔しい」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技1日目

陸上競技1日目のイブニングセッション、女子5000m予選2組目に田中希実(豊田自動織機TC)が出場。自身初の14分台となる14分59秒93をマークしたが6着。1組目との総合結果によりタイムで拾われる5番目に入ることができず、予選敗退が決まった。

田中は序盤から3番手あたりにポジションを取り、1000m3分03秒、2000m6分06秒の先頭につく。ラスト1周まで予選通過ラインの5着を狙える位置についてスパート合戦に。「ラストで日本人が飛び出すことが多いが、今までやってきたラスト(の走り)がどれだけ通用するか確認したかった」とあえて、“スプリント勝負”を仕掛けた。

ドーハ世界選手権では15分を切れなかったこともあり「ラストの上がりで15分を切れたのは収穫」としながら、「15分を切れば決勝に行けると思っていたので…残念。それだけ世界のレベルが上がっていること」と語った。

なお、来年のユージン世界選手権の参加標準記録(15分10秒00)は突破。田中は1500mにも出場。8月2日の予選でリベンジを狙う。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com