月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

大迫傑、東京五輪マラソンで現役引退「100%注ぎ込んできた」 8月8日が最後のレース


東京五輪男子マラソンで、前日本記録保持者の大迫傑(Nike)が、東京五輪を最後に現役を引退すると自身のSNSを通じて発表した。

大迫はTwitterを更新し、「8月8日のマラソンを現役選手としてのラストレースにします」とつづり、「それは、出し切るため。もう半歩、目標に近づくため。「走る」その究極にシンプルなことに、純粋に向き合う」と語っている。また、公式YouTubeでは動画も更新し、「東京を自分自身の競技人生の最高のゴールにするためです」とその理由を明かす。東京五輪が決まってから「100%を注ぎ込んできた」と言い、「次があるといういいわけを強制的になくした」とも。

男子マラソンは8月8日。「このレースで終わりなんだと決めた今、自分の持てるすべての力が出し切れる気がしています」と語っている。Twitterでは最後に「こんなゴールがあったっていい」と記している。

大迫は東京出身の30歳。長野の名門・佐久長聖高から早大へ進学。卒業後は実業団を経てプロランナーとなり、米国やケニアなどを練習拠点としてきた。5000mで13分08秒40の日本記録を15年に樹立。18年のシカゴマラソンで2時間5分50秒の日本新、さらに20年には2時間5分29秒まで短縮した(現日本記録は鈴木健吾の2時間4分56秒)。五輪は前回大会で5000mと10000mに出場し、マラソンではこれが最初で最後の五輪となる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com