月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子棒高跳世界選手権2連覇中のケンドリックスが新型コロナの陽性反応で東京五輪欠場


米国オリンピック・パラリンピック委員会は7月29日、男子棒高跳のサム・ケンドリックスが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したため、東京五輪を欠場するとツイッターで発表した。

ケンドリックスは前回リオ五輪の銅メダリストで、世界選手権は17年ロンドン、19年ドーハと2連覇中。世界記録(6m18/室内)保持者のA.デュプランティス(スウェーデン)とともに優勝候補とされていた。

同委員会によると、ケンドリックスはホテルに移動して隔離されているという。また、豪州の棒高跳代表カーティス・マーシャルが濃厚接触者(検査の結果現段階では陰性)となり、その影響も豪州の63選手が隔離されている。


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com