月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪見逃し厳禁種目(2)男子棒高跳の至宝デュプランティスが登場! “鳥人”たちの6m決着の行方は?


男子棒高跳注目のA.デュプランティス

世界のトップアスリートたちが「TOKYO」に集結! もちろん、すべての種目が楽しみだが、なかでも特に必見と言えるハイレベル決戦が予想される種目や、見逃し厳禁の選手たちをピックアップする。

棒高跳
デュプランティスらによる6m決戦

スウェーデンの至宝A.デュプランティスがついに日本にやってくる。デュプランティスは2020年、室内で6m18の世界記録を作り、屋外でも6m15と、あのセルゲイ・ブブカが持っていた最高記録6m14を上回った。昨年は16戦全勝で、うち10回で6mを超える安定ぶり。今季も6月に屋外セカンドベストの6m10を跳ぶなど、ただ1人大台を超えている。

棒高跳選手だった父の影響で3歳からポールを持ち、7歳で3m86を跳んだデュプランティス。その後は各世代の記録を次々と更新してきた21歳の天才だが、19年ドーハ世界選手権は2位で、まだシニア世界大会の優勝はない。東京五輪でタイトルを手にして、スーパースターへの階段を一気に駆け上がるか。

そこに待ったをかけるとすれば、前世界記録保持者(6m16※室内)のR.ラヴィレニ(フランス)とS.ケンドリックス(米国)か。34歳のラヴィレニは6月に5m92に成功。一時の勢いはないものの、今季は室内シーズンから安定している。ロンドン五輪以来2大会ぶりの頂点を目指す。

ケンドリックスは勝負強さが持ち味で、17、19年世界選手権で金メダル。今季は5m92がベストだが、持ち記録は世界歴代3位の6m06を持っている。また、そのケンドリックスを抑えて全米を制したC.ニルセン、ドーハ世界選手権3位のP.リセク(ポーランド)、前回覇者のT.B.ダ・シルヴァ(ブラジル)らが虎視眈々と上位をうかがう。

さらに注目なのはフィリピンのE.J.オビエナだ。6月に5m87に成功。7試合中6試合で5m80オーバーを見せており、メダル争いに加わってもおかしくない。

日本からは江島雅紀(富士通)と山本聖途(トヨタ自動車)が参戦。山本は3大会連続の五輪となるが、過去2大会は記録なしに終わっているだけにリベンジをしたいところ。江島は初五輪。ジュニア時代からデュプランティスと戦ってきた江島は、決勝に進んで同じ舞台で跳ぶことができるか。

●男子棒高跳
予 選7月31日9:40~
決 勝8月3日19:20~



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com