月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪見逃し厳禁種目(1)激アツの400mH!男子はワルホルムVSベンジャミンの頂上決戦


男子400mH注目のK.ワルホルム(ノルウェー)

世界のトップアスリートたちが「TOKYO」に集結! もちろん、すべての種目が楽しみだが、なかでも特に必見と言えるハイレベル決戦が予想される種目や、見逃し厳禁の選手たちをピックアップする。

男子400mH
ワルホルムVSベンジャミンの頂上決戦

今、“激アツ”なのが男子400mハードル。17、19年世界選手権で連覇を達成しているK.ワルホルム(ノルウェー)と、19年世界選手権2位のR.ベンジャミン(米国)の激突に記録・勝負の両面で注目が集まっている。

ワルホルムは昨年8月に46秒87(世界歴代2位)を叩き出すと、今年7月には46秒70をマーク。男子トラック種目では世界最古だったK.ヤング(米国)の世界記録46秒78を29年ぶりに更新した。その8日後にも47秒08と快走。優勝候補筆頭だ。

一方のベンジャミンは、ワルホルムが世界記録を出す直前の全米五輪選考会では当時世界歴代2位となる46秒83で優勝した。今季はシーズン序盤から47秒台前半をコンスタントにマーク。400m44秒31のスピードが武器で、安定感もある。

この2人に絡むとすればブラジルの新鋭ドス・サントス。21歳のホープで、ドーハ世界選手権は7位、今季は47秒38など3度の47秒台をマークしている。

レースは前半から衝撃的なスピードで攻めるワルホルムと走力を武器に詰めていくベンジャミンという展開になるか。

国立競技場は周回レースで好記録が出る傾向にあり、世界記録決着も現実味を帯びる。五輪最高記録は、ヤングの前世界記録46秒78(92年バルセロナ)。これを破ったほうが世界一に近づくだろう。

日本勢は黒川和樹(法大)、安部孝駿(ヤマダホールディングス)、山内大夢(早大)と3選手フルエントリー。特に伸び盛りの黒川は「準決勝で日本記録(47秒89)を更新して決勝へ」と意気込んでいる。


女子400mH注目のS.マクラフリン(米国)

女子400mハードルも注目。ドーハ世界選手権で52秒16の世界新記録をマークして優勝したリオ五輪VのD.ムハンマド(米国)がリードしてきたが、ドーハ2位の21歳のS.マクラフリン(米国)がここにきて一気に成長。全米五輪選考会では史上初の51秒台となる51秒90をマークしてムハンマドの世界記録を更新した。こちらも世界記録更新をにらんだ高速決着となりそうだ。

●男子400mH
予 選7月30日10:55~
準決勝8月1日21:05~
決 勝8月3日12:20~
●女子400mH
予 選7月31日9:00~
準決勝8月2日20:35~
決 勝8月4日11:30~



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com