月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

世界陸連バーチャルミュージアムがオープン、円谷幸吉、高橋尚子、野口みずきらのシューズを展示


7月22日、世界陸連バーチャルミュージアム(MOWA) がオープンした。近代五輪の始まった1896年以降の五輪における陸上競技の歴史を記念し、360度3Dで資料が展示されている。

2000年シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子のサイン入りナンバーカードやE.キプチョゲ(ケニア)が16年リオ五輪で金メダルを獲得した際のシューズが鑑賞可能。1964年東京五輪の男子マラソンでのメダリスト、B.アベベ(エチオピア)や円谷幸吉、B.ヒートリー(英国)が着用した靴が神戸のアシックスミュージアムで撮影され、こちらも360度の3Dビジョンで展示されている。

アシックスのディスプレイでは高橋尚子、2004年アテネ五輪女子マラソン金の野口みずきの靴も収められている。

WOMAサイト
(英語、フランス語、スペイン語で利用可能/ただし、世界陸連HPのアカウントを取得する必要がある)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com