月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪が開幕、17日間の熱戦がいよいよスタート!!


高橋尚子さんらの手によって運ばれた日の丸が掲げられ、東京五輪がいよいよ開幕(写真/時事)

第32回夏季オリンピック競技大会の開会式が7月23日、国立競技場で行われた。コロナ禍の影響で1年の延期、さらにはほとんどの競技で無観客という状況ながら、世界のアスリートが一心に目指してきたスポーツの祭典がついに開幕。8月8日まで、17日間にわたる熱戦がスタートする。

今大会は205の国と地域、難民選手団を加えた約1万1千人の選手が参加。陸上競技は7月30日から、大会最終日の8月8日までの10日間の日程で実施される。

人類は多種多様な違いを活かしながら、共感を通じて連帯し、助け合って生きていくことができる、という願いが込められた「United by Emotion」をテーマに掲げた開会式は、午後8時から始まり、カウントダウン映像とともに東京2020のエンブレムカラーでもある藍と白を基調とした花火が打ち上げられた。


天皇陛下がご臨席された(写真/時事)

IOCのトーマス・バッハ会長の案内で、天皇陛下が貴賓席にご臨席された後、ウエイトリフティングで1964年東京、68年メキシコ2大会連続金メダルの三宅義信さん、00年シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さんら6人の手によって国旗が入場。MISIAの君が代独唱とともに、日の丸が国立競技場の夜空に掲げられた。


圧巻の歌声で君が代を独唱したMISIA(写真/時事)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com