月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

Athlete Night Games in FUKUI の出場予定選手発表 多田、小池、泉谷ら東京五輪代表がエントリー


福井陸協は8月27日、28日に福井県営競技場で行われる「Athlete Night Games in FUKUI」の出場予定選手を発表した。

男子では100mに東京五輪代表の多田修平と小池祐貴(ともに住友電工)、4×100mリレー代表のデーデー・ブルーノ(東海大)がエントリーした。110mハードルには6月の日本選手権で13秒06の日本新で優勝を飾った泉谷駿介(順大)を筆頭に、金井大旺(ミズノ)、高山峻野(ゼンリン)の五輪代表トリオがそろって出場予定。走幅跳は2年前のこの大会で8m40の日本記録を樹立した城山正太郎(ゼンリン)、津波響樹(大塚製薬)が名を連ねた。

女子では100mハードルに青木益未(七十七銀行)、100mには鶴田玲美(南九州ファミリーマート)とこちらも五輪代表が出場を予定している。

「Athlete Night Games in FUKUI」は福井陸協が新しい形の競技会を目指し、2年前からスタート。ファンからクラウドファンディングで資金を募り、それを選手への強化費として還元する試みを実施。第1回大会では男子走幅跳で城山と橋岡優輝(当時・日大)、津波がそろって東京五輪の参加標準記録を突破。男子110mハードルでも高山が13秒25の日本記録(当時)で優勝するなど、盛り上がりを見せた。前回もケンブリッジ飛鳥(Nike)が男子100mで10秒03をマークし、好記録が続出する大会として認知されている。今年も多くの東京五輪代表が多く集まり、これまで以上の盛り上がりが期待される。

福井陸協では今年もクラウドファンディングを7月20日からスタート。フィールド内エリアでの観戦シートや、記念Tシャツ、マスクなどのリターンが設定されており、すでにフィールド内指定席は完売となっている。クラウドファンディングは8月20日まで行われているほか、7月27日からはチケットぴあで入場券のインターネット販売も行う。

大会ホームページ
クラウドファンディングサイト



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com