HOME 国内、東京五輪、日本代表
三浦龍司、東京五輪前最後の調整レース「切り替えを意識」で圧巻の自己新/ホクレン北見
三浦龍司、東京五輪前最後の調整レース「切り替えを意識」で圧巻の自己新/ホクレン北見


◇ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021第4戦北見大会(7月14日)

三浦龍司(順大)は、レースを走る度に進化している印象がある。今季は本職の3000m障害で2度の日本新、障害物のないフラットの3000mでもU20日本記録(7分48秒07)を樹立しているが、14日に行われたホクレン・ディスタンスチャレンジ2021第4戦北見大会(北海道)でも驚きの走りを見せた。

東京五輪の3000m障害代表の三浦は、オリンピック本番前の最後のレースとして5000mに出場。三浦が出走した男子5000mAのターゲットタイムは13分40秒で、三浦にとっては自己記録(この試合前まで13分48秒90)を上回る設定タイムだった。

「オリンピックの予選、決勝を想定したレースということで、今回はラスト1000mからの切り替えを意識していました。オリンピックの予選や決勝はラストの切り替えが他のレースとは違う、というか、レベルがさらに上がると思うので、ついて行くだけでなく、自分で行けるような力をつけたい」

三浦は、こんなテーマを持ってレースに臨んでいた。

7月の北海道。日中は30℃を超えていた気温も、スタート時(18時50分)には25℃まで下がり、コンディション面もまずまず。

4000mまでのラップは、
1000m2分41秒2
2000m5分24秒1(2分42秒9)
3000m8分07秒9(2分43秒8)
4000m10分53秒7(2分45秒8)
と、ペースメーカーを務めた東京国際大のイエゴン・ヴィンセントのすぐ後ろについて、設定タイムを上回るペースで三浦はレースを進めた。

そして、テーマに掲げていた4000mに差し掛かると、同じく3000m障害五輪代表の青木涼真(Honda)をも振り切って、400m61秒までペースアップ。ヴィンセントが外れた後もペースを緩めず、三浦はラスト1000mを2分33秒でカバーし、U20日本歴代2位、日本人学生歴代8位、U20アジア歴代4位の13分26秒78で1着フィニッシュした。今季の学生リストでトップに立つ。

「切り替えというか、ギアを増やすことは、大学に入って取り組んできたことだったので、自分でもいいレースだったなと思います。切り替え(ができること)は大きな強みになったと思うので、それを公式レースで出せたのはすごい自信になりました」

三浦にとって、五輪を前に大きな手応えを得たレースになった。ただ、快走にも慢心はない。

「自分の最大の目標は、(五輪の)決勝に残って、世界レベルのレースで自分の力を出して走ること。しっかり決勝に残れるように、最初から自分の力を出していきたいと思います」と、16日後のオリンピック予選突破に向けて、気持ちをいっそう高めていた。

まだまだ青天井の19歳。「東京五輪では決勝に残るだけでなく、(自身の持つ)日本記録を更新したいです」とも話しており、五輪本番で今季3度目(もしかしたら決勝で4度目も!?)の日本記録更新も見られるかもしれない。

三浦が登場する男子3000m障害の予選は、陸上競技の第1日目のモーニングセッションに実施。つまり日本チームの先陣を切ることになるだけに、三浦が快走を見せれば、日本チームをいっそう勢いづけることになりそうだ。

うっかりすると忘れてしまいそうだが、2月生まれの三浦はまだU20世代今回5000mで、昨年12月の日本選手権で同学年の吉居大和(中大)がマークしたU20日本記録(13分25秒87)には惜しくも届かなかったが、秋以降に記録更新の可能性は十分あるだろう。三浦自身、「次に走る時には目指していきたい」と意欲を示していた。3000m障害、ハーフマラソン(U20日本最高記録)、3000mと、次々にU20日本記録を塗り替えてきただけに、稀代のランナー、三浦のマルチな活躍ぶりはまだまだ続きそうだ。東京五輪出場も三浦の陸上人生の序章に過ぎないのかもしれない。

写真・文/和田悟志

◇ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021第4戦北見大会(7月14日) 三浦龍司(順大)は、レースを走る度に進化している印象がある。今季は本職の3000m障害で2度の日本新、障害物のないフラットの3000mでもU20日本記録(7分48秒07)を樹立しているが、14日に行われたホクレン・ディスタンスチャレンジ2021第4戦北見大会(北海道)でも驚きの走りを見せた。 東京五輪の3000m障害代表の三浦は、オリンピック本番前の最後のレースとして5000mに出場。三浦が出走した男子5000mAのターゲットタイムは13分40秒で、三浦にとっては自己記録(この試合前まで13分48秒90)を上回る設定タイムだった。 「オリンピックの予選、決勝を想定したレースということで、今回はラスト1000mからの切り替えを意識していました。オリンピックの予選や決勝はラストの切り替えが他のレースとは違う、というか、レベルがさらに上がると思うので、ついて行くだけでなく、自分で行けるような力をつけたい」 三浦は、こんなテーマを持ってレースに臨んでいた。 7月の北海道。日中は30℃を超えていた気温も、スタート時(18時50分)には25℃まで下がり、コンディション面もまずまず。 4000mまでのラップは、 1000m2分41秒2 2000m5分24秒1(2分42秒9) 3000m8分07秒9(2分43秒8) 4000m10分53秒7(2分45秒8) と、ペースメーカーを務めた東京国際大のイエゴン・ヴィンセントのすぐ後ろについて、設定タイムを上回るペースで三浦はレースを進めた。 そして、テーマに掲げていた4000mに差し掛かると、同じく3000m障害五輪代表の青木涼真(Honda)をも振り切って、400m61秒までペースアップ。ヴィンセントが外れた後もペースを緩めず、三浦はラスト1000mを2分33秒でカバーし、U20日本歴代2位、日本人学生歴代8位、U20アジア歴代4位の13分26秒78で1着フィニッシュした。今季の学生リストでトップに立つ。 「切り替えというか、ギアを増やすことは、大学に入って取り組んできたことだったので、自分でもいいレースだったなと思います。切り替え(ができること)は大きな強みになったと思うので、それを公式レースで出せたのはすごい自信になりました」 三浦にとって、五輪を前に大きな手応えを得たレースになった。ただ、快走にも慢心はない。 「自分の最大の目標は、(五輪の)決勝に残って、世界レベルのレースで自分の力を出して走ること。しっかり決勝に残れるように、最初から自分の力を出していきたいと思います」と、16日後のオリンピック予選突破に向けて、気持ちをいっそう高めていた。 まだまだ青天井の19歳。「東京五輪では決勝に残るだけでなく、(自身の持つ)日本記録を更新したいです」とも話しており、五輪本番で今季3度目(もしかしたら決勝で4度目も!?)の日本記録更新も見られるかもしれない。 三浦が登場する男子3000m障害の予選は、陸上競技の第1日目のモーニングセッションに実施。つまり日本チームの先陣を切ることになるだけに、三浦が快走を見せれば、日本チームをいっそう勢いづけることになりそうだ。 うっかりすると忘れてしまいそうだが、2月生まれの三浦はまだU20世代今回5000mで、昨年12月の日本選手権で同学年の吉居大和(中大)がマークしたU20日本記録(13分25秒87)には惜しくも届かなかったが、秋以降に記録更新の可能性は十分あるだろう。三浦自身、「次に走る時には目指していきたい」と意欲を示していた。3000m障害、ハーフマラソン(U20日本最高記録)、3000mと、次々にU20日本記録を塗り替えてきただけに、稀代のランナー、三浦のマルチな活躍ぶりはまだまだ続きそうだ。東京五輪出場も三浦の陸上人生の序章に過ぎないのかもしれない。 写真・文/和田悟志

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

NEWS 福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

2024.07.16

福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

福井陸協が主催する日本グランプリシリーズG2の「Athlete Night Games in FUKUI 2024」のクラウドファンディングが今年もスタートした。 同大会は「海外のような雰囲気」を目指し、福井陸協がクラウ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top