月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪日本代表が結団式 選手代表・寺田明日香「選手団はワンチーム、全力で戦い抜きましょう」


提供:日本陸連

日本陸連は7月15日、「東京2020オリンピック結団式」をオンラインで開催。結団式の様子は関係者のみ限定公開で配信された。

室伏由佳氏が司会を務め、東京五輪選手団総監督も務める尾縣貢・日本陸連会長、麻場一徳監督の挨拶や、五輪メダリストである高平慎士氏(アスリート委員会委員長)、朝原宣治氏(日本陸連理事)、室伏広治氏(スポーツ庁長官)から激励のメッセージが寄せられた。

選手代表を務める100mハードルの寺田明日香も挨拶に登壇。「東京五輪が決まってから多くの選手が出場を目指してきました。しかし、昨年、状況は一変しました。スポーツの価値とは、アスリートの存在意義とは。自問自答する日々が続きました」と、東京五輪決定、そしてコロナ禍により1年延期してからの心境を代弁。その中でも、「一児の母である私は、多くの子供たちに頑張ることの尊さや、スポーツを通じて人生を豊かにできるということを伝え続けたいと思いました」と語る。

陸上は無観客開催となるが、「メディアを通じて多くの方に応援していただいていることを胸に、未来へつながるパフォーマンスがしたい」と決意表明。開催にあたり「ご尽力いただいている関係各所、医療従事者、ボランティア、応援してくださっている方々に感謝申し上げます」と述べ、最後に「陸上競技日本代表選手団はワンチームです。全員が全力で戦い抜いていきましょう!」と力強く言葉を結んだ。

陸上競技は7月30日に開幕する。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com