月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪女子5000m代表の田中希実が15分17秒93、3000m日本新から中3日でのレース/ホクレン北見


ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021の第4戦北見大会が7月14日に行われ、女子5000mAに東京五輪代表の田中希実(豊田自動織機TC)が出場し、15分17秒93で3着だった。

3000mで8分40秒84の日本新を出した第3戦網走大会(7月10日)から中3日でのレースとなった田中。先頭は1000m3分06秒、2000m6分10秒、3000m9分15秒、4000mを12分22秒で通過した。田中はラスト2周で先頭へ。しかし、ラスト1周でケニア出身の実業団勢2人にかわされ、フィニッシュした。

「ラスト2周を2分10秒で走りたかった」と言うものの、実際は2分18秒ほど。「思ったよりも余裕を残せなかった」と振り返った。

東京五輪に向けて、田中は「このままでは予選落ちしてしまうので、しっかり改善していきたい」と前を向いた。

田中は17日の第5戦千歳大会の1500mにもエントリーしている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com