【トピックス】川内鮮輝が見据える「世界」

【Webオリジナル記事】川内家の次男・鮮輝
目指すは100kmでの『世界一』

株式会社ロジクールは8月1日、ランナー向けイヤホンブランド「Jaybird」の新作発表会を都内で開き、「Jaybird VISTA 完全ワイヤレス スポーツ ヘッドホン」を8月8日から発売することを発表した。会場には川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)の弟でプロランナーである川内鮮輝(Jaybird)が出席し、ウルトラマラソンの100kmで日本代表を目指す今後のビジョンなどを明かした。

100kmマラソンで日本代表を目指すプロランナーの川内鮮輝(Jaybird、中央)。左はロジクールのJaybirdカテゴリ責任者である黄佑仁氏、右はJaybird所属市民ランナーの辻麻結子さん

兄より先にプロランナーへ

 川内家の次男である鮮輝は長男・優輝と同じ埼玉・春日部東高出身。國學院大4年時には2013年箱根駅伝の登録メンバーに選ばれたが、出走はならず、卒業後は一般企業に就職した。

 それでも、走ることに力を注ぎたいと考えた川内は、2016年に勤めていた印刷会社を退職してプロランナーに転身。現在はJaybirdに所属しながら2年に1度開かれるIAU(国際ウルトラランナーズ協会)100km世界選手権での優勝を目指している。兄・優輝がプロになったのも鮮輝の影響が大きいという。

 昨年6月のサロマ湖100kmウルトラマラソンでは日本代表(上位4人)まであと一歩となる5位を占めたが、今年の同大会では冬場に右足首を痛めた影響もあって14位と惨敗。「準備の密度が薄かった」と反省し、「マラソンを2時間11分、12分で走る選手が出てくるようになって、ウルトラマラソンも高速化している。工夫が必要」と危機感を募らせる。

「トラックでは兄に勝ちたい」

 今後は8月24日のバンコク・ミッドナイトマラソン(タイ)や9月の田沢湖マラソン(秋田)といった厳しい条件のレースでタフさを養いつつも、トラックレースにも積極的に参戦して走力の底上げとスピード強化を図る。川内の自己記録は5000mが14分30秒65(2012年)、10000mは29分54秒91(2011年)と学生時代に出したものだが、「昨年も5000mは14分38秒で走っていますし、自己ベストは更新したい。兄が今年は14分29秒なので、できればトラックでは兄に勝ちたいですね」と意欲を燃やす。

 試合を強化の一環として活用する点を、「(結果として)兄とやることは同じ。タイプは似ていますね」と自己分析。最近は一緒に練習する機会が減っているというが、「兄のツイートなどを読んでも共感するところが多い」と話す。

 次のウルトラ挑戦は2017年に優勝している10月の四万十川100km(高知)の予定。世界選手権の代表選考会となる来年のサロマ湖100kmを見据え、新たな取り組みをしながら「大会記録(6時間38分01秒)を更新できたら」と意気込む。なお、川内の自己ベストは昨年のサロマ湖でマークした6時間28分35秒で、その時には優勝した風見尚(愛知陸協)が6時間09分14秒の世界新記録を樹立している。「100kmなら日本人でも世界記録を出せるし、世界一になれる」というのが川内の大きなモチベーションだ。

 今年のドーハ大会で4回目の世界選手権マラソン代表となった長男・優輝に対し、次男・鮮輝はウルトラマラソンで「世界」を目指している。

「Jaybird VISTA」を装着した川内(左)と辻さん。同製品はJaybirdオンラインストアでは23,880円だが、Amazonでは8月31日まで10%オフで購入できるキャンペーンを実施する


「Jaybird VISTA」はBLACK(ブラック、手前)が8月8日、NIMBUS GRAY(グレー、右)が8月22日、MINERAL BLUE(ミネラルブルー、左)が10月25日に発売予定。6gと軽量で、音質、耐久性、フィット性、防汗・防水性に優れるほか、片耳でも使用できる

Jaybirdの製品ページ
Amazon

文&写真/山本慎一郎

<PR>
月刊陸上競技9月号は8月10日発売予定です