月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子リレー東京五輪代表・齋藤愛美が壮行会で決意「感謝の気持ちを表し、日本新を目指したい」


女子4×100mリレー東京五輪代表の齋藤愛美(大阪成蹊大)の壮行会が7月13日、大阪府内の大学構内で行われた。

齋藤は岡山・倉敷中央高出身の大学4年生。中学時代から全国大会上位だったが、リオ五輪イヤーの高2時に一気にブレイクを果たすと、日本選手権200mで23秒46のU20日本新を樹立し、リオ五輪を目指すナショナルチーム入り。だが、「その時は届かず、五輪への出場することの厳しさを学びました」と齋藤。「すごく悔しい思いを持ち、東京五輪に出場したいと強く思いました」と語る。

その夏の地元インターハイでは100m、200m、4×100mリレーの3冠を達成すると、秋には23秒45と再びU20日本新。だが、高3ではケガもあり、大阪成蹊大入学後は、「スランプもあった」と語る。それでも、「多くの方に支えていただいた」と齋藤。浮き沈みもあったが、今年は4×100mリレー代表として5月の世界リレーに出場して、東京五輪出場権を獲得に貢献し、東京五輪代表に選出された。

母校・倉敷中央高の陸上部がいつも掲げる横断幕に書かれ、チームの合い言葉となっているのが「夢叶う」。高校時代からの大きな夢を叶えた齋藤。「東京五輪では感謝の気持ちを表し、チームメイトと一生懸命走って日本新を目指したい」と、夢舞台での飛躍を誓った。

式典には学校関係者や、先輩でもある青山聖佳(大阪成蹊AC)、女子短距離オリンピック強化コーチの瀧谷賢司・大阪成蹊大監督らが出席。大阪成蹊高校のスポーツコースの学生たちも駆けつけ、寄せ書きが贈られた。なお、同大の現役学生のオリンピック出場は初めてとなる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com