HOME 東京五輪、日本代表、五輪
女子リレー東京五輪代表・齋藤愛美が壮行会で決意「感謝の気持ちを表し、日本新を目指したい」
女子リレー東京五輪代表・齋藤愛美が壮行会で決意「感謝の気持ちを表し、日本新を目指したい」


女子4×100mリレー東京五輪代表の齋藤愛美(大阪成蹊大)の壮行会が7月13日、大阪府内の大学構内で行われた。

齋藤は岡山・倉敷中央高出身の大学4年生。中学時代から全国大会上位だったが、リオ五輪イヤーの高2時に一気にブレイクを果たすと、日本選手権200mで23秒46のU20日本新を樹立し、リオ五輪を目指すナショナルチーム入り。だが、「その時は届かず、五輪への出場することの厳しさを学びました」と齋藤。「すごく悔しい思いを持ち、東京五輪に出場したいと強く思いました」と語る。

その夏の地元インターハイでは100m、200m、4×100mリレーの3冠を達成すると、秋には23秒45と再びU20日本新。だが、高3ではケガもあり、大阪成蹊大入学後は、「スランプもあった」と語る。それでも、「多くの方に支えていただいた」と齋藤。浮き沈みもあったが、今年は4×100mリレー代表として5月の世界リレーに出場して、東京五輪出場権を獲得に貢献し、東京五輪代表に選出された。

母校・倉敷中央高の陸上部がいつも掲げる横断幕に書かれ、チームの合い言葉となっているのが「夢叶う」。高校時代からの大きな夢を叶えた齋藤。「東京五輪では感謝の気持ちを表し、チームメイトと一生懸命走って日本新を目指したい」と、夢舞台での飛躍を誓った。

式典には学校関係者や、先輩でもある青山聖佳(大阪成蹊AC)、女子短距離オリンピック強化コーチの瀧谷賢司・大阪成蹊大監督らが出席。大阪成蹊高校のスポーツコースの学生たちも駆けつけ、寄せ書きが贈られた。なお、同大の現役学生のオリンピック出場は初めてとなる。

女子4×100mリレー東京五輪代表の齋藤愛美(大阪成蹊大)の壮行会が7月13日、大阪府内の大学構内で行われた。 齋藤は岡山・倉敷中央高出身の大学4年生。中学時代から全国大会上位だったが、リオ五輪イヤーの高2時に一気にブレイクを果たすと、日本選手権200mで23秒46のU20日本新を樹立し、リオ五輪を目指すナショナルチーム入り。だが、「その時は届かず、五輪への出場することの厳しさを学びました」と齋藤。「すごく悔しい思いを持ち、東京五輪に出場したいと強く思いました」と語る。 その夏の地元インターハイでは100m、200m、4×100mリレーの3冠を達成すると、秋には23秒45と再びU20日本新。だが、高3ではケガもあり、大阪成蹊大入学後は、「スランプもあった」と語る。それでも、「多くの方に支えていただいた」と齋藤。浮き沈みもあったが、今年は4×100mリレー代表として5月の世界リレーに出場して、東京五輪出場権を獲得に貢献し、東京五輪代表に選出された。 母校・倉敷中央高の陸上部がいつも掲げる横断幕に書かれ、チームの合い言葉となっているのが「夢叶う」。高校時代からの大きな夢を叶えた齋藤。「東京五輪では感謝の気持ちを表し、チームメイトと一生懸命走って日本新を目指したい」と、夢舞台での飛躍を誓った。 式典には学校関係者や、先輩でもある青山聖佳(大阪成蹊AC)、女子短距離オリンピック強化コーチの瀧谷賢司・大阪成蹊大監督らが出席。大阪成蹊高校のスポーツコースの学生たちも駆けつけ、寄せ書きが贈られた。なお、同大の現役学生のオリンピック出場は初めてとなる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top