月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

激戦の男子400mH安部、黒川、山内、豊田の参加標準記録突破勢が順当に明日の決勝へ!3位以内で五輪代表決まる/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の2日目。男子400mハードル予選が行われた。3組あり各組2着と3位以下の記録上位2人が準決勝へ進出する。

この種目は東京五輪の参加標準記録48秒90を、安部孝駿(ヤマダホールディングス)、黒川和樹(法大)、山内大夢(早大)、豊田将樹(富士通)の4人が突破済み。出場枠は3で、突破者が決勝3位以内に入れば五輪代表に決まる。

1組は山内が49秒52で1着通過し、豊田が49秒94で2着。2組目に安部が入り49秒59でトップ。3組目は黒川が49秒73で1着通過。参加標準記録突破者4人は順当に決勝に進出した。

19年ドーハ世界選手権で準決勝に進出し、日本選手権連覇中の安部は5月のテストイベント後は「脚の痛みの治療に専念してきた」と言う。予選は「前半から中盤の流れの確認」と話し、「吹っ切れた」とホッとした様子。決勝は「持っているパフォーマンスを発揮するだけ」と語った。

黒川は「追われる立場になって緊張がすごくて、朝から吐き気がしています」と苦笑い。関東インカレで気になっていた足首も「治ってきている」と問題なさそう。山内は「後半にミスがあったので決勝でそこを修正したい」と意気込みを語る。豊田は「予選は緊張して硬くなってしまった。決勝は勝ちに行くレースではなく負けないレースを」と、五輪代表を狙いに行く。

決勝は翌26日17時50分にスタートする。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com