月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

七種は日本記録保持者・山崎有紀が自己新ペースで折り返す「久しぶりにガッツポーズ多い」/日本選手権混成


◇日本選手権・混成競技(6月12、13日/長野)

第105回日本選手権・混成競技の七種競技1日目が行われ、日本記録保持者・山崎有紀(スズキ)は3447点のトップで折り返した。この記録は初日終えた時点での日本歴代2位の記録。

5月に5975点の日本記録を樹立した山崎。1種目めの100mハードルで13秒58(+1.4)と自己ベストで好スタートを切った。しかし、続く走高跳で1m63、砲丸投で12m21とやや精細を欠く。それでも「ハードルでベストを出せた喜びのほうが大きかった」と引きずることなく、最後の200mでは追い風参考ながら24秒20(+2.4)の快走。再び自己新ペースに戻した。

昨年からスプリントの調子も良く「春先から記録を狙うために、シーズンの延長という感じで冬場もスピードを意識して取り組んでいた」という成果を見せるハードルと200mの結果。砲丸投と走高跳について「取りこぼし」ではなく「今の自分の実力で、次への伸びしろ。引きずらなくなったのは成長」と捉えている。

今回は「久しぶりに笑顔とガッツポーズが多く出てている」と、テーマである「楽しむ」ことを実践。2日目に向けては、「走幅跳とやり投でベストが出れば」。そうすれば、「自己ベストや5900点に乗るかな」と意気込みを語る。大台到達も期待されるが、持ち味である「楽しく、一種目ずつ」ができれば、自ずと結果はついてくる。

2位の大玉華鈴(日体大)が3406点と、こちらも自己新ペース。「1日目から3400点を出すのが目標だった」と充実の表情を浮かべる。得意の走高跳で「1m75、78を跳んで山崎選手に差をつけたかった」と悔やむが、100mハードル(13秒66)で自己新など、「まとめられた」。トータルでは「5800点に乗せて、少しでも山崎選手に意識してもらえるように」と突き上げる構えだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com