HOME PR
PR

2019.03.16

大学女子駅伝2冠 名城大の強さの秘密は「骨の健康」にある!!/PR
大学女子駅伝2冠 名城大の強さの秘密は「骨の健康」にある!!/PR

米田勝朗監督に聞く
女子長距離選手のためのコンディショニング


女子陸上アスリートの疲労骨折リスクは他競技と比べてかなり高く、大学女子長距離選手の2人に1人は疲労骨折を経験しているという報告もある(日本産科婦人科学会女性ヘルスケア委員会報告/平成28年度)。コンディションを維持する上で骨の健康は欠かせないが、大学女子長距離界のトップに君臨する名城大学ではどのような点に注意しながらチームをつくっているのだろうか。同校女子駅伝部の米田勝朗監督(50歳)に話を聞いた。

しっかりしたからだをつくることが強さの源

――昨年10月の全日本大学女子駅伝(仙台)で2年連続3回目の優勝を飾り、12月の全日本大学女子選抜駅伝(富士・富士宮)でも初優勝。「学生長距離界の女王」である名城大では選手育成においてどのようなことを大切にしていますか。
米田 全日本大学女子駅伝で初優勝した2005年までは選手を徹底的に管理し、からだを絞るために極力、余計なものを食べさせない指導方針で、結果も出ました。しかし、短期的に結果は出てもその後は伸び悩み、月経がほとんど来ないでホルモンのバランスを崩す選手、ケガをする選手も増えてしまったので、このままではいけないと思うようになり、「まずは、しっかりしたからだをつくってやることが大事」という方針に変えました。

――しっかりしたからだをつくるために取り込んだことはありますか。
米田 2009年から名古屋学芸大学の管理栄養学部の学生に食事提供を受け始め、食事の内容ががらりと変わりました。名古屋学芸大学教授の田村明先生が本学の薬学部の卒業生であり、そんなご縁でご紹介いただいたのですが、管理栄養士を目指す女子学生が自分たちの勉強、実習の一環として交代制で毎日、本学女子駅伝部の寮に来て夕食をつくってくれて、朝食の献立も考えてくれています。それ以前は「食べるな、食べるな」「絞れ、絞れ」という方針でしたが、田村先生は「食え、食え。特に、米を食え」という考えですから食事の内容が180度変
わりました。
単に食事を提供してくれるだけでなく、新入生を迎える春には栄養の大切さを講義してくれますし、同じ女子学生同士ということで話しやすいですから日々いろんなアドバイスをしてくれて、練習前後の尿の状況もチェッ
クしてくれますから、本当に助かっています。このサポートを受けて10年目になりますが、お金をかけて外注するのではなく、利害関係がなくこのような取り組みをしているのは全国でも本学だけでしょうし、胸を張って誇れることです。

――女子アスリートの主な問題点としてスポーツ界や医学界では「栄養不足」、「無月経」、「疲労骨折」の3つが挙げられていますが、「栄養不足」こそ問題の根底です。
米田 しっかりした食事を摂っていれば無月経や疲労骨折の問題も緩和されますから、いろいろな栄養素をバランスよく摂取することが大切です。故障せず、継続してトレーニングできることが強くなるための一番の近道ですし、長く活躍していくためには「絞って走る」という時代はもう終わったと言えるでしょう。

――そのあたりの選手育成方針が、名城大学の強さの秘訣ですね。
米田 本学が結果を出せているのは加世田(梨花)、髙松(智美ムセンビ)、和田(有菜)など力のある選手が入ってきてくれた部分も確かにありますが、高校時代の〝貯金〟がなくなったら低迷することが課題になっている学生女子長距離界において、本学は3、4年生も活躍するチームになってきたことが大きいと思います。

※この続きは2019年3月14日発売の『月刊陸上競技』4月号をご覧ください

米田勝朗監督に聞く 女子長距離選手のためのコンディショニング

女子陸上アスリートの疲労骨折リスクは他競技と比べてかなり高く、大学女子長距離選手の2人に1人は疲労骨折を経験しているという報告もある(日本産科婦人科学会女性ヘルスケア委員会報告/平成28年度)。コンディションを維持する上で骨の健康は欠かせないが、大学女子長距離界のトップに君臨する名城大学ではどのような点に注意しながらチームをつくっているのだろうか。同校女子駅伝部の米田勝朗監督(50歳)に話を聞いた。

しっかりしたからだをつくることが強さの源

――昨年10月の全日本大学女子駅伝(仙台)で2年連続3回目の優勝を飾り、12月の全日本大学女子選抜駅伝(富士・富士宮)でも初優勝。「学生長距離界の女王」である名城大では選手育成においてどのようなことを大切にしていますか。 米田 全日本大学女子駅伝で初優勝した2005年までは選手を徹底的に管理し、からだを絞るために極力、余計なものを食べさせない指導方針で、結果も出ました。しかし、短期的に結果は出てもその後は伸び悩み、月経がほとんど来ないでホルモンのバランスを崩す選手、ケガをする選手も増えてしまったので、このままではいけないと思うようになり、「まずは、しっかりしたからだをつくってやることが大事」という方針に変えました。 ――しっかりしたからだをつくるために取り込んだことはありますか。 米田 2009年から名古屋学芸大学の管理栄養学部の学生に食事提供を受け始め、食事の内容ががらりと変わりました。名古屋学芸大学教授の田村明先生が本学の薬学部の卒業生であり、そんなご縁でご紹介いただいたのですが、管理栄養士を目指す女子学生が自分たちの勉強、実習の一環として交代制で毎日、本学女子駅伝部の寮に来て夕食をつくってくれて、朝食の献立も考えてくれています。それ以前は「食べるな、食べるな」「絞れ、絞れ」という方針でしたが、田村先生は「食え、食え。特に、米を食え」という考えですから食事の内容が180度変 わりました。 単に食事を提供してくれるだけでなく、新入生を迎える春には栄養の大切さを講義してくれますし、同じ女子学生同士ということで話しやすいですから日々いろんなアドバイスをしてくれて、練習前後の尿の状況もチェッ クしてくれますから、本当に助かっています。このサポートを受けて10年目になりますが、お金をかけて外注するのではなく、利害関係がなくこのような取り組みをしているのは全国でも本学だけでしょうし、胸を張って誇れることです。 ――女子アスリートの主な問題点としてスポーツ界や医学界では「栄養不足」、「無月経」、「疲労骨折」の3つが挙げられていますが、「栄養不足」こそ問題の根底です。 米田 しっかりした食事を摂っていれば無月経や疲労骨折の問題も緩和されますから、いろいろな栄養素をバランスよく摂取することが大切です。故障せず、継続してトレーニングできることが強くなるための一番の近道ですし、長く活躍していくためには「絞って走る」という時代はもう終わったと言えるでしょう。 ――そのあたりの選手育成方針が、名城大学の強さの秘訣ですね。 米田 本学が結果を出せているのは加世田(梨花)、髙松(智美ムセンビ)、和田(有菜)など力のある選手が入ってきてくれた部分も確かにありますが、高校時代の〝貯金〟がなくなったら低迷することが課題になっている学生女子長距離界において、本学は3、4年生も活躍するチームになってきたことが大きいと思います。 ※この続きは2019年3月14日発売の『月刊陸上競技』4月号をご覧ください

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top