HOME 国内、大学

2021.05.20

女子走幅跳で高良彩花が3連覇!「4連覇は絶対に達成したい」自己記録更新に向けて手応え/関東IC
女子走幅跳で高良彩花が3連覇!「4連覇は絶対に達成したい」自己記録更新に向けて手応え/関東IC


◇関東インカレ(5月20~23日/神奈川・相模原)

関東インカレ女子走幅跳は、高良彩花(筑波大)が6m26(-0.8)で優勝。1年時から続ける連覇を3に伸ばし、史上2人目の4連覇へ王手をかけた。

広告の下にコンテンツが続きます

昼過ぎに行われた予選で6m23(+1.4)を跳んで1回で通過を決めた高良。「あと5回跳べれば自己ベストが絶対に出せると思うくらい調子が良かった」と言う。決勝が行われた17時半には天気予報通り、あいにくの雨模様に。そんななか、「少し気持ちが折れそうになった」とは言うものの、「学校を代表しているからには」とインカレらしく気持ちを高めた。2回目に6m16(-0.7)をマークしてトップに立つと、優勝を決めた後の6回目に6m26。奇しくも、1年時の優勝記録と同じ。「ベストを跳びたかったけど、この条件なら仕方ないかな」と苦笑いを浮かべた。

今季は3月に動きの感覚が崩れた時期もあっというが、助走スピードがアップ。4月の兵庫リレーカーニバル、5月の東京五輪テストイベントと、2試合を終えて1回のファウルを除いてすべて6mを超えていた。「安定していたので、あとは一発ハマれば行けそう」と大きな手応えをつかんでいただけに、悪条件が悔やまれる。

自己ベストは高校記録でもある6m44。3年間更新できずにいるが、「今年は跳べそう」とその表情は明るい。助走スピードを現在のマックス付近である9.2m/秒から、9.4m/秒まで上げられれば「6m60くらいまで見えます」と言う。助走のリズムを大学に入ってから試行錯誤し、「思いっきり走っていた」助走から、しっかり重心を乗せていき踏み切りでスピードダウンしないように意識を変えた。「まだ前半を気にすると後半が崩れて、後半に意識を置くと前半から乗り込めない」とつながっていないが、そこさえうまくつなげられれば大幅な記録更新も見えている。

「来年、4連覇は絶対に達成したい。今年は日本選手権でピークが来るように調整しているので、ここから上がっていきます!」

広告の下にコンテンツが続きます

インターハイ3連覇、高校記録、高校生にして日本選手権連覇、アジアジュニア選手権金メダル、U20世界選手権銀メダルなど、数々の偉業を成し遂げてきた“小さな巨人”。止まっている自己記録が大きく動く日は、そう遠くはない。

◇関東インカレ(5月20~23日/神奈川・相模原) 関東インカレ女子走幅跳は、高良彩花(筑波大)が6m26(-0.8)で優勝。1年時から続ける連覇を3に伸ばし、史上2人目の4連覇へ王手をかけた。 昼過ぎに行われた予選で6m23(+1.4)を跳んで1回で通過を決めた高良。「あと5回跳べれば自己ベストが絶対に出せると思うくらい調子が良かった」と言う。決勝が行われた17時半には天気予報通り、あいにくの雨模様に。そんななか、「少し気持ちが折れそうになった」とは言うものの、「学校を代表しているからには」とインカレらしく気持ちを高めた。2回目に6m16(-0.7)をマークしてトップに立つと、優勝を決めた後の6回目に6m26。奇しくも、1年時の優勝記録と同じ。「ベストを跳びたかったけど、この条件なら仕方ないかな」と苦笑いを浮かべた。 今季は3月に動きの感覚が崩れた時期もあっというが、助走スピードがアップ。4月の兵庫リレーカーニバル、5月の東京五輪テストイベントと、2試合を終えて1回のファウルを除いてすべて6mを超えていた。「安定していたので、あとは一発ハマれば行けそう」と大きな手応えをつかんでいただけに、悪条件が悔やまれる。 自己ベストは高校記録でもある6m44。3年間更新できずにいるが、「今年は跳べそう」とその表情は明るい。助走スピードを現在のマックス付近である9.2m/秒から、9.4m/秒まで上げられれば「6m60くらいまで見えます」と言う。助走のリズムを大学に入ってから試行錯誤し、「思いっきり走っていた」助走から、しっかり重心を乗せていき踏み切りでスピードダウンしないように意識を変えた。「まだ前半を気にすると後半が崩れて、後半に意識を置くと前半から乗り込めない」とつながっていないが、そこさえうまくつなげられれば大幅な記録更新も見えている。 「来年、4連覇は絶対に達成したい。今年は日本選手権でピークが来るように調整しているので、ここから上がっていきます!」 インターハイ3連覇、高校記録、高校生にして日本選手権連覇、アジアジュニア選手権金メダル、U20世界選手権銀メダルなど、数々の偉業を成し遂げてきた“小さな巨人”。止まっている自己記録が大きく動く日は、そう遠くはない。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top