月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

1部10000m東海大・石原翔太郎がU20日本歴代2位の28分05秒91で日本人トップの2位!/関東IC


◇関東インカレ(5月20~23日/神奈川・相模原)

関東インカレ初日に行われた男子1部10000mはサムソン・ディランゴ(流経大)が28分01秒80で優勝した。そのディランゴと最後まで競り合いを演じたのが東海大2年の石原翔太郎。日本人トップの2位に入り、自己新の28分05秒91をマークした。この記録はU20日本歴代2位の快走だった。

石原は「しっかり順位を狙うレース。タイムは全然気にならなかった」と言い、「1番を狙っていたので悔しい」と振り返る。ラスト勝負に敗れ「短い距離(での勝負)は克服しないといけない部分」を反省した。

同学年に三浦龍司(順大)、吉居大和(中大)らがいる黄金世代の一人。先に行われた2部10000mの日本人トップも2年生の唐澤拓海(駒大)だった。その中でも勝負強さで抜群の存在感を発揮し、箱根駅伝でも3区で1年生唯一の区間賞を獲得。今季はさらにスピードを磨き、「トラックシーズンは記録を狙っていくというつもりだった。自信を持って臨めています」と手応え十分。次は「27分台を狙っていきたい」と、大野龍二(旭化成)以来となるU20世代の27分台、そしてその先の高みを目指している。

3位にジェームズ・ブヌカ(駿河台大)が入り、日本人2番手の4位には藤本珠輝(日体大)。5位、6位は野村優作、伊豫田達弥の順大の3年生コンビが占めた。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com