月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

橋岡、飯塚、ウォルシュ、北口ら五輪目指して有力選手多数参戦/デンカアスレチックスチャレンジのエントリー発表


サトウ食品日本グランプリシリーズ新潟大会「デンカアスレチックスチャレンジカップ」(6月5日、6日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手が5月19日、発表された。東京五輪代表入りへ参加標準記録突破やワールドランキングアップを目指す選手の他、五輪代表内定者ら有力選手が多数参戦しそうだ。

日本選手権(6月24日~27日)前では、国内最後となる国際陸連(WA)の「コンチネンタルツアーブロンズ」として開催される。

注目は男子走幅跳で、日本記録(8m40)保持者の城山正太郎(ゼンリン)、歴代2位(8m32)の橋岡優輝(富士通)、歴代4位(8m23)の津波響樹(大塚製薬)が名を連ねた。

男子ではこの他、200mに飯塚翔太(ミズノ)がエントリー。400mにはウォルシュ・ジュリアン(富士通)のほか、5月1、2日の世界リレー大会代表の佐藤拳太郎(富士通)、伊東利来也(三菱マテリアル)、川端魁人(三重県教員)、鈴木碧斗(東洋大)が出場する。

10000mには5月3日の日本選手権で2位に入った田澤廉(駒大)が参戦予定。外国籍実業団選手がペースメーカーを務め、ハイレベルなタイムを狙う。400mハードルでは安部孝駿(ヤマダホールディングス)に加え、5月9日の「READY STEADY TOKYO」で参加標準記録を突破した山内大夢(早大)、豊田将樹(富士通)が再び相まみえる。

フィールド種目では、男子走高跳で真野友博(九電工)、衛藤昂(味の素AGF)、地元新潟出身の佐藤凌(新潟アルビレックスRC)の3人が、男子やり投ではディーン元気(ミズノ)と新井凉平(スズキ)の2人がしのぎを削りそうだ。

女子では東京五輪の10000m代表・新谷仁美(積水化学)と5000m代表・田中希実(豊田自動織機TC)が1500mで激突。やり投には佐藤友佳(ニコニコのり)や、海外遠征を行っている北口榛花(JAL)もエントリーしている。

また、200mには世界リレー4×100mリレーで日本の4位に貢献した兒玉芽生(福岡大)と齋藤愛美(大阪成蹊大)に加え、ロングスプリントの青山聖佳(大阪成蹊大AC)が専門の400mと合わせて2種目でエントリーした。

なお、5月31日までにエントリー選手から欠場届が提出された場合、ウエイティングリストより繰り上げで有力選手が出場できる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com