月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

オストラヴァでコンチネンタルツアーゴールド大会 北口やシュポターコヴァ、ガトリン、テイラーら実力者の好記録に注目!


世界陸連(WA)のコンチネンタルツアーゴールド大会が今日5月19日(現地時間)にチェコのオストラヴァで行われる。有力選手が参戦し、好記録に注目が集まる。

女子やり投には日本記録(66m00)保持者の北口榛花(JAL)がエントリー。4月にチェコに渡り、5月2日には現地で今季初戦を迎え、57m18を放っている。地元チェコからは世界記録(72m28)保持者で、6月末に40歳を迎えるB.シュポターコヴァが出場。さらには16年リオ五輪金メダリストのS.コラク(クロアチア)や、5月9日に世界歴代3位の71m40をマークしたM.アンドレイチク(ポーランド)ら実力者が参戦する予定だ。

男子では100mでJ.ガトリン(米国)と、リオ五輪銅メダリストのA.デグラス(カナダ)が対決。棒高跳には世界記録(屋外6m15、室内6m18)保持者のA.デュプランティス(スウェーデン)と昨年、屋外世界歴代3位の6m06をクリアしたS.ケンドリックス(米国)がエントリーした。

三段跳では五輪2連覇(12年、16年)で世界歴代2位の18m21が自己ベストのC.テイラー(米国)と、今年1月に室内世界記録を10年ぶりに更新する18m07をマークしたF.ザンゴ・ユゲ(ブルキナファソ)が激しい戦いを繰り広げそうだ。やり投には昨年、世界歴代2位の97m76を放ったJ.フェッター(ドイツ)が参戦する。

女子200mには、4月に100mで世界歴代6位の10秒72をマークしたS.リチャードソン(米国)が登場。この種目では19年にU20世界記録の22秒17をマークし、昨年は22秒00まで短縮している。また、ハンマー投には世界記録(82m98)保持者のA.ヴォダルチク(ポーランド)が出場する見込みだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com