月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

鹿児島県がトップ選手の合宿費を補助 1人10万円を交付

 鹿児島県は大崎町にある「ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅」を利用するトップアスリートを対象に、合宿経費のうち10万円を補助する「JAPANアス撮れ!トップアスリート誘致事業」を2022年2月28日まで実施している。

 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用したもので、トップアスリートの利用促進とともにSNSの発信などを通じてコロナ禍で減少した利用者数の回復を図ろうとするもの。補助を受ける選手は自身のSNSでジャパンアスリートトレーニングセンター大隅に関する情報を発信するか、鹿児島県の広報・取材活動に協力、もしくは地域貢献活動(陸上教室など)をすることが交付の条件になる。

 補助の対象となるのは

1.日本記録保持者(申請時)
2.日本選手権3位以内(直近2大会)
3.東京五輪・パラリンピック内定選手
4.五輪・パラリンピックまたは世界大会日本代表選手(直近2大会)
5.アジア大会入賞(直近2大会)

のいずれかを満たす選手で、補助金の交付は年度内に1回。募集期間は5月1日から来年2月18日までだが、予算の上限に達した時点で終了となる(先着順)。詳細は鹿児島県のサイトを参照

 ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅は日本で唯一の陸上競技特化型スポーツ合宿施設。1周400mのオールウェザートラックはもちろん、150m×5レーンの直走路や跳躍ピットを備えた室内競技場、芝生と砂の傾斜走路、クロスカントリーコースなどを備え、今年2月にはトップアスリートが参加する室内競技会「2021Japan Athlete Games in Osaki大会」を開催している。

<関連リンク>
JAPANアス撮れ!トップアスリート誘致事業(鹿児島県のサイト)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com