月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子100mリチャードソン10秒77向かい風1.0m以上で世界最高 米国で今季世界ランキングトップ続出

世界陸連(WA)のコンチネンタルツアー・ゴールド大会のUSATFゴールデンゲームスが、5月9日、米国・カリフォルニア州ウォルナットで開催された。

女子100mではS.リチャードソン(米国)が向かい風1.2mのなか10秒77で優勝。1.0m以上の向かい風の中では史上最速のタイムだった。予選でも10秒74(+1.4)の好タイムをマーク。リチャードソンは19年に100m(10秒75)と200m(22秒17)でU20世界記録を樹立し、今年4月に世界歴代6位の10秒72で走っている。

男子400mハードルでは19年ドーハ世界選手権銀メダルのR.ベンジャミン(米国)が今季世界最高の47秒13の大会新で、1979年にE.モーゼス(米国)が出した大会記録(47秒89)を42年ぶりに更新した。他では男子棒高跳のC.ニルセン(米国)が5m91、女子400mハードルのS.リトル(米国)53秒65でそれぞれ今季世界最高で優勝。女子1500mを制したE.プリアー(米国)は3分58秒36の自己ベストをマークし、こちらも今季世界最高だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com