月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

世界選手権女子三段跳2連覇のロハスが15m14でシーズンイン、男子三段跳と男子走高跳でも今季世界最高


5月8日に欧州各地で行われた競技会で、男女の三段跳、男子走高跳で今季世界最高がマークされた。

スペイン・イビサで開催された競技会ではY.ロハス(ベネズエラ)が15m14(+2.0)の今季世界最高で優勝した。ロハスは2016年リオ五輪の銀メダリストで、世界選手権は17年ロンドン、19年ドーハと2連覇している。昨年2月には15m43の室内世界記録を樹立。屋外では19年に世界歴代2位の15m41を跳んでいるが、その年のシーズン初戦は15m06。今年のシーズンインである今大会では、それを上回る好記録を出した。

フランス・モンペリエでの競技会では、今年1月に男子三段跳の室内世界記録(18m07)を出したH.F.ザンゴ(ブルキナファソ)が17m40(±0.0)の今季世界最高で屋外シーズンの幕を開けた。

スイス・ローザンヌでは26歳のL.ガシュ(スイス)が男子走高跳で2m33の自己新をマーク。今季世界最高で東京五輪の参加標準記録(2m33)を突破した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com