HOME インフォ、アイテム
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! プーマ「DEVIATE NITRO ELITE RACER(ディヴィエイト ニトロ エリート レーサー)」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! プーマ「DEVIATE NITRO ELITE RACER(ディヴィエイト ニトロ エリート レーサー)」

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!!
プーマ「DEVIATE NITRO ELITE RACER(ディヴィエイト ニトロ エリート レーサー)」

 中学時代から陸上競技に取り組み、今も市民ランナーとして走り続けている月陸編集者(マラソンの自己ベストは2時間43分)が、注目のシューズをトライアル! 今回はプーマの厚底レーシングシューズ「DEVIATE NITRO ELITE RACER(ディヴィエイト ニトロ エリート レーサー)」(税込26,400円)を紹介する。

プーマが50足限定で発売した厚底レーシングシューズ「DEVIATE NITRO ELITE RACER(ディヴィエイト ニトロ エリート レーサー)」

ミッドソール素材がさらに進化

 このシューズの登場を予想していたランナーも多いかもしれない。2月に厚底のレーシングシューズ「DEVIATE NITRO(ディヴィエイト ニトロ)」を発売したばかりのプーマが、今度はトップランナー向けモデル「DEVIATE NITRO ELITE RACER(ディヴィエイト ニトロ エリート レーサー)」を4月9日に発売した。しかし、公式オンラインストアなどで50足限定というから驚きだ。

広告の下にコンテンツが続きます

 大きな特徴は、ミッドソールの素材がさらに新しくなったこと。前作で使われた「NITRO FOAM(ニトロ フォーム)」に、男子100m・200m世界記録保持者のウサイン・ボルトが過去に着用し、男子100mで日本記録を持つサニブラウン・アブデル・ハキームが使用するスパイクシューズのアウトソールに使用されている高反発特殊素材を配合。ニトロ フォームよりも反発性を高めた「NITRO ELITE FOAM(ニトロ エリート フォーム)」という新素材になった。

ミッドソールには新素材「NITRO ELITE FOAM(ニトロ エリート フォーム)」を採用。カーボンプレート「INNO PLATE(イノー プレート)」を内蔵し、クッション性と反発性を両立している

 また、ミッドソールにはスプーン状のカーボンプレート「INNO PLATE(イノー プレート)」を内蔵。つま先で最大限のエネルギー伝達ができるように機能するという。

 そして、ミッドソールだけでなく外観の変化も目立つ。アッパーには「Ultra Ligtweight Mono Mesh(ウルトラ ライトウエイト モノ メッシュ)」という超軽量モノメッシュが採用され、裏側が透けて見えるほど薄い。アウトソールもあらゆる路面に対応するというPUMA GRIP(プーマ グリップ)LTに変更。見た目もテクノロジーも前作からアップデートされている。

クッション性が高くて軽い

 まず、最初に印象的だったのは見た目以上に軽いことだ。26.0cmのシューズを計測したら181gしかない。前作は27.0cmで約255gだったため、段違いに軽くなった。そして、ミッドソールは手で触ってみても明らかに柔らかく、走ってみると高いクッション性に驚かされる。素材の柔らかさは厚底レーシングシューズの中でもトップクラスで、前作のニトロ フォームとは別物と考えたほうがいいだろう。

広告の下にコンテンツが続きます

 ドロップ(つま先と踵の高低差)は公式には明かされていないものの、比較的フラットに感じた。また、接地の瞬間には「ムニッ」とした柔らかさがある一方で、レスポンスは速い。それでいて足元がグラつかない安定性があり、蹴り出しも鋭い。全体としてはクセがなく、使いやすいシューズと言えそうだ。

クッション性は高いものの、接地感はフラットに近くクセがない。さまざまなランナーにマッチしそうだ

 ただし、多くのランナーが気になるであろう反発性の強さについては、履いたシューズ(26.0cm)が筆者の足に対して1cmオーバーしていたために正しい評価ができなかった。地面からの反発をもらうポイントが本来の場所とズレているため、「良さそうには感じるが、正確なところは未知数」ということになる。

 それでも、おそらく足に合ったサイズでイノー プレートとニトロ エリート フォームがきちんと噛み合った状態なら推進力を得られるのではないかと思う。完成度の高いモデルであるのは間違いなく、実際にシューズを触ってみるとその良さを感じ取れることだろう。

文/山本慎一郎

広告の下にコンテンツが続きます

<関連リンク>
ディヴィエイト ニトロ エリート レーサー(プーマオンライン)

<関連記事>
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! プーマ「DEVIATE NITRO(ディヴィエイト ニトロ)」

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! プーマ「DEVIATE NITRO ELITE RACER(ディヴィエイト ニトロ エリート レーサー)」

 中学時代から陸上競技に取り組み、今も市民ランナーとして走り続けている月陸編集者(マラソンの自己ベストは2時間43分)が、注目のシューズをトライアル! 今回はプーマの厚底レーシングシューズ「DEVIATE NITRO ELITE RACER(ディヴィエイト ニトロ エリート レーサー)」(税込26,400円)を紹介する。 プーマが50足限定で発売した厚底レーシングシューズ「DEVIATE NITRO ELITE RACER(ディヴィエイト ニトロ エリート レーサー)」

ミッドソール素材がさらに進化

 このシューズの登場を予想していたランナーも多いかもしれない。2月に厚底のレーシングシューズ「DEVIATE NITRO(ディヴィエイト ニトロ)」を発売したばかりのプーマが、今度はトップランナー向けモデル「DEVIATE NITRO ELITE RACER(ディヴィエイト ニトロ エリート レーサー)」を4月9日に発売した。しかし、公式オンラインストアなどで50足限定というから驚きだ。  大きな特徴は、ミッドソールの素材がさらに新しくなったこと。前作で使われた「NITRO FOAM(ニトロ フォーム)」に、男子100m・200m世界記録保持者のウサイン・ボルトが過去に着用し、男子100mで日本記録を持つサニブラウン・アブデル・ハキームが使用するスパイクシューズのアウトソールに使用されている高反発特殊素材を配合。ニトロ フォームよりも反発性を高めた「NITRO ELITE FOAM(ニトロ エリート フォーム)」という新素材になった。 ミッドソールには新素材「NITRO ELITE FOAM(ニトロ エリート フォーム)」を採用。カーボンプレート「INNO PLATE(イノー プレート)」を内蔵し、クッション性と反発性を両立している  また、ミッドソールにはスプーン状のカーボンプレート「INNO PLATE(イノー プレート)」を内蔵。つま先で最大限のエネルギー伝達ができるように機能するという。  そして、ミッドソールだけでなく外観の変化も目立つ。アッパーには「Ultra Ligtweight Mono Mesh(ウルトラ ライトウエイト モノ メッシュ)」という超軽量モノメッシュが採用され、裏側が透けて見えるほど薄い。アウトソールもあらゆる路面に対応するというPUMA GRIP(プーマ グリップ)LTに変更。見た目もテクノロジーも前作からアップデートされている。

クッション性が高くて軽い

 まず、最初に印象的だったのは見た目以上に軽いことだ。26.0cmのシューズを計測したら181gしかない。前作は27.0cmで約255gだったため、段違いに軽くなった。そして、ミッドソールは手で触ってみても明らかに柔らかく、走ってみると高いクッション性に驚かされる。素材の柔らかさは厚底レーシングシューズの中でもトップクラスで、前作のニトロ フォームとは別物と考えたほうがいいだろう。  ドロップ(つま先と踵の高低差)は公式には明かされていないものの、比較的フラットに感じた。また、接地の瞬間には「ムニッ」とした柔らかさがある一方で、レスポンスは速い。それでいて足元がグラつかない安定性があり、蹴り出しも鋭い。全体としてはクセがなく、使いやすいシューズと言えそうだ。 クッション性は高いものの、接地感はフラットに近くクセがない。さまざまなランナーにマッチしそうだ  ただし、多くのランナーが気になるであろう反発性の強さについては、履いたシューズ(26.0cm)が筆者の足に対して1cmオーバーしていたために正しい評価ができなかった。地面からの反発をもらうポイントが本来の場所とズレているため、「良さそうには感じるが、正確なところは未知数」ということになる。  それでも、おそらく足に合ったサイズでイノー プレートとニトロ エリート フォームがきちんと噛み合った状態なら推進力を得られるのではないかと思う。完成度の高いモデルであるのは間違いなく、実際にシューズを触ってみるとその良さを感じ取れることだろう。 文/山本慎一郎 <関連リンク> ディヴィエイト ニトロ エリート レーサー(プーマオンライン) <関連記事> 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! プーマ「DEVIATE NITRO(ディヴィエイト ニトロ)」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top