月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ケンブリッジと山縣が屋外初戦!0.01秒差でケンブリッジに軍配


◇シレジア2021世界リレー選手権日本代表選考トライアル(3月28日/宮崎・ひなた陸上競技場)

世界リレー選手権(5月1日、2日/ポーランド)に向けての代表選考レースとなる大会の男子100m特別レース(選考外)に、リオ五輪4×100mリレー銀メダリストの山縣亮太(セイコー)とケンブリッジ飛鳥(Nike)が出場した。

山縣は2月に屋内で100mに出場しているが、ともに屋外では今季初戦で激突。レースは山縣がスタートから抜け出したものの、フィニッシュ手前で後半得意のケンブリッジが山縣をかわし、10秒35(-0.1)でトップ。0.01秒差で山縣が続いた。

ケンブリッジが「初戦から(山縣と)一緒は重い」と苦笑いすれば、山縣も「(ケンブリッジは)存在感がありますね」と笑う。

雨風、そして寒さという悪条件ということもあり、ケンブリッジは条件を考慮すれば「まずまず」。昨年から課題として取り組んでいる30mまでフォームは「しっくりきていない」と首を傾げる。手応えについても「気象条件が違えばまた違う動きになると思う」とし、タイム、内容とも「許容範囲ということで」とケンブリッジ。東京五輪に向けて「まずは参加標準記録(10秒05)を突破する。5月までに切りたい」と意気込みを語った。

一方の山縣は「緊張感のあるレースができた」と納得の表情を浮かべる。「スタートの出る感じを意識してきた」と及第点を与えるが、「中盤で固くなってしまった」と反省。それでも、「ケンブリッジ選手とここまで競れるまで戻って来られた」と充実感も。フォームの改善途中ということもあり「まぁまぁかな」と手応えをつかんだ。山縣も参加標準記録を切っていないため、「4月29日の織田記念から日本選手権まで、タイムを切るのを考えていく」と次を見据えていた。

いよいよ幕を開けた五輪イヤーのトラックシーズン。役者がそろう短距離は、「代表枠3」を懸けた熾烈な争いが繰り広げられそうだ。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com