月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子走幅跳でデイヴィスが7m14の全米学生新、男子100mではベイカーが9秒94/テキサスリレー

米国で3月25日から27日までテキサス・リレーが開催された。

26日に行われた女子走幅跳ではT.デイヴィスが今季世界最高で自己新の7m14で制覇。米国の学生記録を更新した。デイヴィスは3月12日の全米学生室内で今季室内世界最高の6m93をマークしている。同日の男子200mはT.レアードが19秒81(+0.8)で優勝。女子200mはG.トマースが22秒17の自己新で制した。

27日の男子100mでは2018年世界室内選手権60m銅メダリストのR.ベイカーが9秒94(+1.4)の今季世界最高を出してV。男子400mはB.デッドモンが44秒62、女子400mでは2015年北京世界選手権400mハードル銀メダリストのS.リトルが50秒19と、それぞれ自己ベストを更新して優勝した。

男子1500mにはクレイ・アーロン竜波(テキサスA&M大)がエントリーしていたが、欠場した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com