HOME ニュース、国内

2021.03.28

男子400mは早大・伊東がトップ!世界リレーで「五輪出場権獲得を」/世界リレートライアル
男子400mは早大・伊東がトップ!世界リレーで「五輪出場権獲得を」/世界リレートライアル


◇シレジア2021世界リレー選手権日本代表選考トライアル(3月28日/宮崎・ひなた陸上競技場)

世界リレー選手権(5月1日、2日/ポーランド)に向けての代表選考レース、男子400mがタイムレース決勝(全3組)で争われ、3組で46秒76をマークした伊東利来也(早大)が全体トップだった。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年の日本選手権400m優勝の伊東。「前半自分のフォームで走り、後半の150mでどれだけ動きを作れるか」というテーマで臨んだと話し、「後半はなだれ込むような感じになってしまった」と悔しさをにじませる。タイムについても「シーズン初戦でコンディション(雨)といっても、これでは……」と納得がいかないレースとなった。

冬場は「スピードを落とさずに、400mとしてのスピードを意識してきた」と伊東。ケガなく順調にトレーニングしてきたようで、「シーズンが進めばその(スピード)部分も出てくると思う」と、期待を込める。世界リレー選手権の男子4×400mリレーの代表入りを濃厚とし「まずは入賞して五輪の出場権を獲得したい」と意気込みを語った。

2位に鳥取大医学部出身の池田弘佑(あすなろ会)が46秒91で入った。注目された昨年の日本インカレ400m優勝の井上大地(日大)は欠場。

300mでは佐藤拳太郎(富士通)が32秒87でタイムレース(全2組)の全体トップ。「前半から攻められず、400mぽい300mになってしまった」と反省するように、テーマに置いてきた「スピード」を生かせなかった。2016年リオ五輪代表、世界選手権3度の代表歴を持つ佐藤。「マイルのナショナルチームは日本記録(3分00秒76)を狙えるメンバーがそろえられると思う。楽しみにしていてください」とベテランらしく語った。

広告の下にコンテンツが続きます

競技会終了後、山崎一彦・日本陸連強化委員会ディレクターが報道陣の取材に応じ、マイルの代表について「今回の結果をきちんと評価しつつ、これまでのプロジェクトで取り組んできた『スピードで前半から勝負できる』というメンバーを踏まえて選考したい」と話した。

◇シレジア2021世界リレー選手権日本代表選考トライアル(3月28日/宮崎・ひなた陸上競技場) 世界リレー選手権(5月1日、2日/ポーランド)に向けての代表選考レース、男子400mがタイムレース決勝(全3組)で争われ、3組で46秒76をマークした伊東利来也(早大)が全体トップだった。 昨年の日本選手権400m優勝の伊東。「前半自分のフォームで走り、後半の150mでどれだけ動きを作れるか」というテーマで臨んだと話し、「後半はなだれ込むような感じになってしまった」と悔しさをにじませる。タイムについても「シーズン初戦でコンディション(雨)といっても、これでは……」と納得がいかないレースとなった。 冬場は「スピードを落とさずに、400mとしてのスピードを意識してきた」と伊東。ケガなく順調にトレーニングしてきたようで、「シーズンが進めばその(スピード)部分も出てくると思う」と、期待を込める。世界リレー選手権の男子4×400mリレーの代表入りを濃厚とし「まずは入賞して五輪の出場権を獲得したい」と意気込みを語った。 2位に鳥取大医学部出身の池田弘佑(あすなろ会)が46秒91で入った。注目された昨年の日本インカレ400m優勝の井上大地(日大)は欠場。 300mでは佐藤拳太郎(富士通)が32秒87でタイムレース(全2組)の全体トップ。「前半から攻められず、400mぽい300mになってしまった」と反省するように、テーマに置いてきた「スピード」を生かせなかった。2016年リオ五輪代表、世界選手権3度の代表歴を持つ佐藤。「マイルのナショナルチームは日本記録(3分00秒76)を狙えるメンバーがそろえられると思う。楽しみにしていてください」とベテランらしく語った。 競技会終了後、山崎一彦・日本陸連強化委員会ディレクターが報道陣の取材に応じ、マイルの代表について「今回の結果をきちんと評価しつつ、これまでのプロジェクトで取り組んできた『スピードで前半から勝負できる』というメンバーを踏まえて選考したい」と話した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

NEWS 2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

2024.02.29

2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

世界陸連は2月28日、理事会を英国・グラスゴーで実施し、2027年の世界陸上開催地に中国・北京を選出した。 当地は2015年にも開催しており、12年ぶり2度目。2025年は東京で行われることが決まっており、2大会連続のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top