月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子400mは早大・伊東がトップ!世界リレーで「五輪出場権獲得を」/世界リレートライアル


◇シレジア2021世界リレー選手権日本代表選考トライアル(3月28日/宮崎・ひなた陸上競技場)

世界リレー選手権(5月1日、2日/ポーランド)に向けての代表選考レース、男子400mがタイムレース決勝(全3組)で争われ、3組で46秒76をマークした伊東利来也(早大)が全体トップだった。

昨年の日本選手権400m優勝の伊東。「前半自分のフォームで走り、後半の150mでどれだけ動きを作れるか」というテーマで臨んだと話し、「後半はなだれ込むような感じになってしまった」と悔しさをにじませる。タイムについても「シーズン初戦でコンディション(雨)といっても、これでは……」と納得がいかないレースとなった。

冬場は「スピードを落とさずに、400mとしてのスピードを意識してきた」と伊東。ケガなく順調にトレーニングしてきたようで、「シーズンが進めばその(スピード)部分も出てくると思う」と、期待を込める。世界リレー選手権の男子4×400mリレーの代表入りを濃厚とし「まずは入賞して五輪の出場権を獲得したい」と意気込みを語った。

2位に鳥取大医学部出身の池田弘佑(あすなろ会)が46秒91で入った。注目された昨年の日本インカレ400m優勝の井上大地(日大)は欠場。

300mでは佐藤拳太郎(富士通)が32秒87でタイムレース(全2組)の全体トップ。「前半から攻められず、400mぽい300mになってしまった」と反省するように、テーマに置いてきた「スピード」を生かせなかった。2016年リオ五輪代表、世界選手権3度の代表歴を持つ佐藤。「マイルのナショナルチームは日本記録(3分00秒76)を狙えるメンバーがそろえられると思う。楽しみにしていてください」とベテランらしく語った。

競技会終了後、山崎一彦・日本陸連強化委員会ディレクターが報道陣の取材に応じ、マイルの代表について「今回の結果をきちんと評価しつつ、これまでのプロジェクトで取り組んできた『スピードで前半から勝負できる』というメンバーを踏まえて選考したい」と話した。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com