HOME バックナンバー
箱根駅伝 優勝&準優勝監督 スペシャル対談 大八木弘明×榎木和貴 名将が語る指導術
箱根駅伝 優勝&準優勝監督 スペシャル対談 大八木弘明×榎木和貴 名将が語る指導術

正月の箱根駅伝でドラマチックなレースを演じた駒大と創価大。創価大は4区でトップに立って初の往路優勝を飾ると、駒大は10区で創価大を逆転。13年ぶりの総合優勝に輝いた。1995年に母校・駒大のコーチに就任して以来、学生三大駅伝で最多「V23」をもたらした大八木弘明監督(62歳)と、就任2年目にして創価大を箱根駅伝往路優勝、総合2位へと導いた中大OBの榎木和貴監督(46歳)。年齢もキャリアも異なる2人の指導者はいかにしてチームを、そして〝人〟を育てているのか。箱根駅伝『優勝監督』の2人が指導法について語り合った。

広告の下にコンテンツが続きます

◎構成/酒井政人 撮影/船越陽一郎

〝初共演〟は1996年の箱根駅伝

―― 正月の箱根駅伝は駒大と創価大が激闘を演じました。駒大・大八木弘明監督と創価大・榎木和貴監督はいつから面識があるのでしょうか。

大八木 いつからだろう。

榎木 私が中大の3年生だった時(1995年)に大八木さんが駒大のコーチに就任されました。学生時代に面識はなかったのですが、駒大が年々強くなっていたので「すごい指導
者が来られたんだな」と感じていました。

広告の下にコンテンツが続きます

大八木 榎木君と言えば復路のイメージがあるんだよね。

―― 榎木監督は1・2年時に箱根駅伝の8区、3・4年時には4区で区間賞を獲得しています。

榎木 3年時は山梨学大と神奈川大が4区で途中棄権した年です。

大八木 その年に中大が総合優勝したんだよね。復路で活躍したイメージが強いのは、私がコーチ就任前にテレビで見ていたからかな。

広告の下にコンテンツが続きます

中大時代は箱根駅伝4年連続区間賞など輝かしい実績を残した創価大の榎木和貴監督

――実際に話すようになったのはいつからですか?

榎木 私がコーチとしてトヨタ紡織に入ってからですよね。トヨタ紡織の監督時代は駒大の選手をスカウトに行って、そこで大八木さんと話す機会が増えてきたという感じです。監督として駆け出しだったので、「大八木さんから何か学ぼう」と通わせていただき、多摩川会(都内近郊の主に多摩川沿いに拠点を置く大学駅伝チームのコミュニティ)の研修にも参加しました。私はまったく多摩川沿いではなかったんですけど(笑)。

大八木 そういえば菅平合宿の時は宿舎が一緒で、夜はよく飲みながら話したよね。

広告の下にコンテンツが続きます

――箱根駅伝1位と2位の監督対談は珍しいと思います。

大八木 私もやったことがない。ただ、榎木君とはだいぶ歳も離れているし、がんばっているからね。

榎木 大八木さんは箱根駅伝で終わるのではなく、マラソンで世界と戦うというのが最終目標になっているのがすごいなと思います。藤田敦史君(マラソン元日本記録保持者、現・駒大ヘッドコーチ)もそうでしたけど、学生時代からマラソンに挑戦しているのを見てきて、大学陸上界の域を超えた取り組みをしていると感じていました。

どう自信をつけさせるか

――大八木監督が駒大のコーチに就任された時は、「マラソンで世界を目指す」というよりも、まずは「箱根駅伝で結果を残す」という部分が大きかったと思います。

広告の下にコンテンツが続きます

大八木 私がヤクルトから駒大に招しょう聘へいされてコーチになったのが36歳の時です。当時は箱根駅伝予選会を通過するのもやっと、というチームでした。本戦に出場できるのが15校で、シード権は9位まで。予選会は6位以内に入らないといけません。私がコーチに入る前は予選会が6位通過で、連続出場が危ぶまれていたんです。就任1年目もギリギリの6位通過でホッとしていたくらいなので、まずは箱根駅伝で上位に入れるチームにするのが使命でした。

2000年に箱根駅伝で初優勝した時のひとコマ。右端が大八木弘明監督(当時コーチ)。左へ森本葵監督、高岡弘ヘッドコーチ

――1996年大会は当時1年生だった藤田コーチが1区を区間2位と好走し、その後はエースとして羽ばたいていきました。

大八木 当時の1年生はおもしろい選手たちがいたんです。その中で藤田がどんどん能力を発揮してくれました。スピードはなかったのですが、持久的な能力が高かったので、マラソン選手に育てなくてはいけないなと。とにかくエースを育てないとチームはまとまらないと思ったので、最初にエースを育てたいと考えました。エースがいればみんながついていき、チームの方向性が固まる。組織はまっすぐ進んでいきます。

広告の下にコンテンツが続きます

―― 榎木監督も創価大の監督就任時は当時の大八木監督と似たような状況だったと思います。

榎木 私自身は箱根駅伝には出場しましたけど、予選会は経験がありませんでした。いろんな監督さんから予選会の戦い方について聞きに行っても、「レベルが上がっているので、通過するのは簡単ではないよ」ということを言われたんです。難しいことだという覚悟はありました。

この続きは2021年3月13日発売の『月刊陸上競技4月号』をご覧ください。

 

広告の下にコンテンツが続きます

※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する
定期購読はこちらから

正月の箱根駅伝でドラマチックなレースを演じた駒大と創価大。創価大は4区でトップに立って初の往路優勝を飾ると、駒大は10区で創価大を逆転。13年ぶりの総合優勝に輝いた。1995年に母校・駒大のコーチに就任して以来、学生三大駅伝で最多「V23」をもたらした大八木弘明監督(62歳)と、就任2年目にして創価大を箱根駅伝往路優勝、総合2位へと導いた中大OBの榎木和貴監督(46歳)。年齢もキャリアも異なる2人の指導者はいかにしてチームを、そして〝人〟を育てているのか。箱根駅伝『優勝監督』の2人が指導法について語り合った。 ◎構成/酒井政人 撮影/船越陽一郎

〝初共演〟は1996年の箱根駅伝

―― 正月の箱根駅伝は駒大と創価大が激闘を演じました。駒大・大八木弘明監督と創価大・榎木和貴監督はいつから面識があるのでしょうか。 大八木 いつからだろう。 榎木 私が中大の3年生だった時(1995年)に大八木さんが駒大のコーチに就任されました。学生時代に面識はなかったのですが、駒大が年々強くなっていたので「すごい指導 者が来られたんだな」と感じていました。 大八木 榎木君と言えば復路のイメージがあるんだよね。 ―― 榎木監督は1・2年時に箱根駅伝の8区、3・4年時には4区で区間賞を獲得しています。 榎木 3年時は山梨学大と神奈川大が4区で途中棄権した年です。 大八木 その年に中大が総合優勝したんだよね。復路で活躍したイメージが強いのは、私がコーチ就任前にテレビで見ていたからかな。 中大時代は箱根駅伝4年連続区間賞など輝かしい実績を残した創価大の榎木和貴監督 ――実際に話すようになったのはいつからですか? 榎木 私がコーチとしてトヨタ紡織に入ってからですよね。トヨタ紡織の監督時代は駒大の選手をスカウトに行って、そこで大八木さんと話す機会が増えてきたという感じです。監督として駆け出しだったので、「大八木さんから何か学ぼう」と通わせていただき、多摩川会(都内近郊の主に多摩川沿いに拠点を置く大学駅伝チームのコミュニティ)の研修にも参加しました。私はまったく多摩川沿いではなかったんですけど(笑)。 大八木 そういえば菅平合宿の時は宿舎が一緒で、夜はよく飲みながら話したよね。 ――箱根駅伝1位と2位の監督対談は珍しいと思います。 大八木 私もやったことがない。ただ、榎木君とはだいぶ歳も離れているし、がんばっているからね。 榎木 大八木さんは箱根駅伝で終わるのではなく、マラソンで世界と戦うというのが最終目標になっているのがすごいなと思います。藤田敦史君(マラソン元日本記録保持者、現・駒大ヘッドコーチ)もそうでしたけど、学生時代からマラソンに挑戦しているのを見てきて、大学陸上界の域を超えた取り組みをしていると感じていました。

どう自信をつけさせるか

――大八木監督が駒大のコーチに就任された時は、「マラソンで世界を目指す」というよりも、まずは「箱根駅伝で結果を残す」という部分が大きかったと思います。 大八木 私がヤクルトから駒大に招しょう聘へいされてコーチになったのが36歳の時です。当時は箱根駅伝予選会を通過するのもやっと、というチームでした。本戦に出場できるのが15校で、シード権は9位まで。予選会は6位以内に入らないといけません。私がコーチに入る前は予選会が6位通過で、連続出場が危ぶまれていたんです。就任1年目もギリギリの6位通過でホッとしていたくらいなので、まずは箱根駅伝で上位に入れるチームにするのが使命でした。 2000年に箱根駅伝で初優勝した時のひとコマ。右端が大八木弘明監督(当時コーチ)。左へ森本葵監督、高岡弘ヘッドコーチ ――1996年大会は当時1年生だった藤田コーチが1区を区間2位と好走し、その後はエースとして羽ばたいていきました。 大八木 当時の1年生はおもしろい選手たちがいたんです。その中で藤田がどんどん能力を発揮してくれました。スピードはなかったのですが、持久的な能力が高かったので、マラソン選手に育てなくてはいけないなと。とにかくエースを育てないとチームはまとまらないと思ったので、最初にエースを育てたいと考えました。エースがいればみんながついていき、チームの方向性が固まる。組織はまっすぐ進んでいきます。 ―― 榎木監督も創価大の監督就任時は当時の大八木監督と似たような状況だったと思います。 榎木 私自身は箱根駅伝には出場しましたけど、予選会は経験がありませんでした。いろんな監督さんから予選会の戦い方について聞きに行っても、「レベルが上がっているので、通過するのは簡単ではないよ」ということを言われたんです。難しいことだという覚悟はありました。 この続きは2021年3月13日発売の『月刊陸上競技4月号』をご覧ください。  
※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する 定期購読はこちらから

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top