HOME ニュース、海外

2021.03.08

欧州室内選手権/男子走高跳はネダセカウが2m37の自己新で制す!インゲブリグトセン初の中距離2冠
欧州室内選手権/男子走高跳はネダセカウが2m37の自己新で制す!インゲブリグトセン初の中距離2冠


ポーランド・トルンで行われた欧州室内選手権最終日の3月7日では4つの今季世界最高記録が生み出された。

男子走高跳ではM.ネダセカウ(ベラルーシ)が2m37の自己新記録を跳んで優勝。2位のG.タンベリ(イタリア)が2m35を2回目に跳んだ一方、ネダセカウはこの高さに2回失敗し、ラスト1回のチャレンジでバーの高さを上げて2m37に成功して勝利を手中に収めた。ネダセカウは19年ドーハ世界選手権で4位に入っている。

広告の下にコンテンツが続きます

女子60mハードルはN.ヴィッサー(オランダ)が7秒77で、女子60mはA.デル・ポンテ(スイス)が7秒03で、それぞれ今季世界最高をマークして優勝を果たした。男子十種競技の世界記録保持者K.マイヤー(フランス)は七種競技(60m、走幅跳、砲丸投、走高跳、60mハードル、棒高跳、1000m)に出場し今季世界最高の6392点を獲得して優勝した。

男子棒高跳の世界記録保持者A.デュプランティス(スウェーデン)は6m05の大会新記録で優勝。デュプランティスは自身の持つ世界記録を1cm上回る6m19に挑戦し、2回目に惜しい跳躍を見せたがクリアはならなかった。女子走高跳でU20世界記録保持者のY.マフチフ(ウクライナ)は2m00で今大会を制した。男子3000mはJ.インゲブリグトセンが7分48秒20の自己新で優勝し、史上初となる1500mとの2冠を果たしている。

三段跳は男女ともポルトガル勢が制覇。男子は世界選手権で2度(13年モスクワ、15年北京)銀メダルを獲得しているP.P.ピチャルドが17m30、女子はP.マモナが14m53のナショナルレコードだった。男子800mは自己新の1分46秒81を出したP.ドベック(ポーランド)が、女子800mはK.ホジキンソン(英国)2分03秒88がそれぞれ優勝した。最終種目の4×400mリレーはオランダのアベック優勝。男子は3分06秒06、女子は3分27秒15だった。

ポーランド・トルンで行われた欧州室内選手権最終日の3月7日では4つの今季世界最高記録が生み出された。 男子走高跳ではM.ネダセカウ(ベラルーシ)が2m37の自己新記録を跳んで優勝。2位のG.タンベリ(イタリア)が2m35を2回目に跳んだ一方、ネダセカウはこの高さに2回失敗し、ラスト1回のチャレンジでバーの高さを上げて2m37に成功して勝利を手中に収めた。ネダセカウは19年ドーハ世界選手権で4位に入っている。 女子60mハードルはN.ヴィッサー(オランダ)が7秒77で、女子60mはA.デル・ポンテ(スイス)が7秒03で、それぞれ今季世界最高をマークして優勝を果たした。男子十種競技の世界記録保持者K.マイヤー(フランス)は七種競技(60m、走幅跳、砲丸投、走高跳、60mハードル、棒高跳、1000m)に出場し今季世界最高の6392点を獲得して優勝した。 男子棒高跳の世界記録保持者A.デュプランティス(スウェーデン)は6m05の大会新記録で優勝。デュプランティスは自身の持つ世界記録を1cm上回る6m19に挑戦し、2回目に惜しい跳躍を見せたがクリアはならなかった。女子走高跳でU20世界記録保持者のY.マフチフ(ウクライナ)は2m00で今大会を制した。男子3000mはJ.インゲブリグトセンが7分48秒20の自己新で優勝し、史上初となる1500mとの2冠を果たしている。 三段跳は男女ともポルトガル勢が制覇。男子は世界選手権で2度(13年モスクワ、15年北京)銀メダルを獲得しているP.P.ピチャルドが17m30、女子はP.マモナが14m53のナショナルレコードだった。男子800mは自己新の1分46秒81を出したP.ドベック(ポーランド)が、女子800mはK.ホジキンソン(英国)2分03秒88がそれぞれ優勝した。最終種目の4×400mリレーはオランダのアベック優勝。男子は3分06秒06、女子は3分27秒15だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top