月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

世界リレー代表決める選考会を3月に宮崎で開催 五輪出場権獲得へ


日本陸連は、5月1日~2日のポーランド・シレジアで開催予定の「シレジア2021世界リレー」の選考要項の一部を改正。3月28日に宮崎で日本代表選考トライアルを実施すると発表した。同日程でトライアルを開催することは昨年すでに発表されていたが、場所は未定とされていた。

世界リレーは東京五輪の代表権を狙う重要な競技会に位置づけられている。東京五輪のリレー種目の出場枠は16。そのうち、ドーハ世界選手権の入賞チームと、世界リレーの入賞チームに出場権が与えられ、重複した場合は世界陸連のパフォーマンスリストの上位から出場権を得る。本来であれば、世界室内選手権やアジアリレー選手権といった競技会が予定されていたが、コロナ禍により中止となったため、世界リレーの重要度はより増したといえる。

日本は男子4×100mリレーのみ、2019年世界選手権で銅メダルを獲得して東京五輪の代表権を手にしているが、男子4×400mリレー、女子4×100mリレー、女子4×400mリレー、男女混合4×400mリレーについては世界リレーもしくは記録で代表権を勝ち取る必要がある。

リレー種目で東京五輪の出場権を獲得した場合、世界リレー代表が五輪メンバー選考の一つとなっているが、日本陸連は昨年11月の理事会後の会見で、出場権を持つ男子4×100mリレーに関して、世界リレーは「参考競技会」とし、直接的な代表選考にならない方針を示している。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com