月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝】奪還狙う東海大は名取が2区、 西田は3回目の5区へ 塩澤は補欠登録/区間エントリー


 1月2日、3日に行われる第97回箱根駅伝の区間エントリーが12月29日発表された。

 2年ぶり2回目の優勝を狙う東海大は、4年生トリオのうち名取燎太が2区に入り、至近2回で5区を務めている西田壮志は5区にエントリーされた。塩澤稀夕が補欠登録で、当日変更により往路の主要区間に入ることが予想される。

全日本大学駅伝で4区区間賞の石原翔太郎(1年)も補欠登録から出番をうかがい、同6区区間賞の長田駿佑(3年)は復路のエース区間とも言える9区に入った。王座奪還へ、まずは往路序盤の戦いが重要となる。

 1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。今大会から当日変更のルールが変わり、これまでの4人から6人の選手変更が可能となり、往路・復路それぞれ最大4人変更できる。

●東海大
8年連続48回目出場
優勝1回
●区間エントリー
1区 市村 朋樹(3)
2区 名取 燎太(4)
3区 田中 康靖(3)
4区 佐伯 陽生(1)
5区 西田 壮志(4)
6区 川上 勇士(2)
7区 佐藤 俊輔(2)
8区 中嶋 貴哉(3)
9区 長田 駿佑(3)
10区 米田 智哉(4)
・補欠
塩澤 稀夕(4)
本間 敬大(3)
竹村 拓真(2)
浜地進之介(2)
石原翔太郎(1)
吉井 来斗(1)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com