月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】新谷仁美が「勝負」の2021年へスタート、東京五輪では「自分の土俵に持っていく」

東京五輪女子10000m代表の新谷仁美(積水化学)が12月25日、メディアに練習を公開した。

12月4日の日本選手権で30分20秒44と、従来の日本記録を30秒近く短縮する激走を見せた新谷。それから3週間が経ち、「短い期間ですがオフを入れてから、ベースを作り直している段階」だという。

この日は前日にポイント練習を入れたということもあり、「リズムを重視した」12000mのペース走(1000m3分30~40秒ペース)と、3kgのダイナマックスソフトメディシンボールを使った補強を実施。つなぎの練習とは思えない、高い集中力を持って取り組んだ。

1月のハーフマラソン(米国・ヒューストン)での日本新(1時間6分38秒)から始まり、10000mの日本新で締めくくった2020年。「総合的に見れば、『記録』につながった1年だったかもしれません」と新谷は振り返る。

しかし、その間にはコロナ禍、東京五輪の1年延期などもあり、「本来であれば『勝負』の1年」だったものの、それどころではない状況でもあった。ただ、新谷自身は常々語るように「やるべきことをやってきました」。

そのうえで、「勝負をして、勝てた試合があまりなかった」という思いがある。再びやって来る「勝負の1年」に向けて、思い描くレースのために、また厳しいトレーニングに打ち込む覚悟だ。

今後は国内を拠点に自分自身を鍛え上げ、海外レースの開催情報へ常にアンテナを張りながら、スケジュールを調整していくという。五輪本番へのプランは、「5000mの日本記録(14分53秒22)を更新すること」が一番のポイントに挙げた。

それを春先にクリアできれば、ハーフマラソンなどの長い距離を踏みつつ、3000mなど中距離でスピードを磨く。口で言うほど簡単なことではないが、「うまくコントロールしながらやっていきたい」と新谷。その力を集約させるのが、10000mだ。東京五輪で「メダル」を獲得するためのレースプランとは――。

「これまで世界大会を経験して、単純にスピードを身につけるだけでは勝負にならない、(スピードで優る)相手の土俵になると感じています。だから、まずは総合的なタイムを上げたうえで、最初から自分の土俵へ持っていく走りをする。世界は29分30秒というレベルですが、29分台は世界でもまだ少数です。最初から1000m3分を切るペースで9000mまでいけば、後ろについてくる選手はそれほど多くないと思います。それが2人であれば銅メダル、1人であれば銀メダルになるはずです」

10000mで日本人初の29分台を出せるほどの高いスピードを身につけていくことは大前提として、自らの強みである「リズム」の水準を「1000m3分切り」に上げることが、これからの課題。しかも、それを東京の夏に最後まで維持し続けなければならない。

以前は取り組んでこなかった長い距離の走り込みも厭わず、これまで経験したことのなかったフィジカルトレーニングでも男子並みの負荷を姿勢を崩さず実施できるまでになった。東京五輪までに、できることはすべてやる。どんな準備をしても、レースに出る前には逃げ出したくなる。それでも、逃げない。

「仕事である以上、結果を求められている以上はどんなことをしても結果を取りに行きます。試合前がどんな状態でもやる時はやるので、期待していてほしい」

新谷は笑顔で、きっぱりと語った。

文/小川雅生

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com