HOME ニュース、国内

2020.12.25

【長距離】新谷仁美が「勝負」の2021年へスタート、東京五輪では「自分の土俵に持っていく」
【長距離】新谷仁美が「勝負」の2021年へスタート、東京五輪では「自分の土俵に持っていく」

東京五輪女子10000m代表の新谷仁美(積水化学)が12月25日、メディアに練習を公開した。

12月4日の日本選手権で30分20秒44と、従来の日本記録を30秒近く短縮する激走を見せた新谷。それから3週間が経ち、「短い期間ですがオフを入れてから、ベースを作り直している段階」だという。

この日は前日にポイント練習を入れたということもあり、「リズムを重視した」12000mのペース走(1000m3分30~40秒ペース)と、3kgのダイナマックスソフトメディシンボールを使った補強を実施。つなぎの練習とは思えない、高い集中力を持って取り組んだ。

1月のハーフマラソン(米国・ヒューストン)での日本新(1時間6分38秒)から始まり、10000mの日本新で締めくくった2020年。「総合的に見れば、『記録』につながった1年だったかもしれません」と新谷は振り返る。

しかし、その間にはコロナ禍、東京五輪の1年延期などもあり、「本来であれば『勝負』の1年」だったものの、それどころではない状況でもあった。ただ、新谷自身は常々語るように「やるべきことをやってきました」。

そのうえで、「勝負をして、勝てた試合があまりなかった」という思いがある。再びやって来る「勝負の1年」に向けて、思い描くレースのために、また厳しいトレーニングに打ち込む覚悟だ。

今後は国内を拠点に自分自身を鍛え上げ、海外レースの開催情報へ常にアンテナを張りながら、スケジュールを調整していくという。五輪本番へのプランは、「5000mの日本記録(14分53秒22)を更新すること」が一番のポイントに挙げた。

それを春先にクリアできれば、ハーフマラソンなどの長い距離を踏みつつ、3000mなど中距離でスピードを磨く。口で言うほど簡単なことではないが、「うまくコントロールしながらやっていきたい」と新谷。その力を集約させるのが、10000mだ。東京五輪で「メダル」を獲得するためのレースプランとは――。

「これまで世界大会を経験して、単純にスピードを身につけるだけでは勝負にならない、(スピードで優る)相手の土俵になると感じています。だから、まずは総合的なタイムを上げたうえで、最初から自分の土俵へ持っていく走りをする。世界は29分30秒というレベルですが、29分台は世界でもまだ少数です。最初から1000m3分を切るペースで9000mまでいけば、後ろについてくる選手はそれほど多くないと思います。それが2人であれば銅メダル、1人であれば銀メダルになるはずです」

10000mで日本人初の29分台を出せるほどの高いスピードを身につけていくことは大前提として、自らの強みである「リズム」の水準を「1000m3分切り」に上げることが、これからの課題。しかも、それを東京の夏に最後まで維持し続けなければならない。

以前は取り組んでこなかった長い距離の走り込みも厭わず、これまで経験したことのなかったフィジカルトレーニングでも男子並みの負荷を姿勢を崩さず実施できるまでになった。東京五輪までに、できることはすべてやる。どんな準備をしても、レースに出る前には逃げ出したくなる。それでも、逃げない。

「仕事である以上、結果を求められている以上はどんなことをしても結果を取りに行きます。試合前がどんな状態でもやる時はやるので、期待していてほしい」

新谷は笑顔で、きっぱりと語った。

文/小川雅生

東京五輪女子10000m代表の新谷仁美(積水化学)が12月25日、メディアに練習を公開した。 12月4日の日本選手権で30分20秒44と、従来の日本記録を30秒近く短縮する激走を見せた新谷。それから3週間が経ち、「短い期間ですがオフを入れてから、ベースを作り直している段階」だという。 この日は前日にポイント練習を入れたということもあり、「リズムを重視した」12000mのペース走(1000m3分30~40秒ペース)と、3kgのダイナマックスソフトメディシンボールを使った補強を実施。つなぎの練習とは思えない、高い集中力を持って取り組んだ。 1月のハーフマラソン(米国・ヒューストン)での日本新(1時間6分38秒)から始まり、10000mの日本新で締めくくった2020年。「総合的に見れば、『記録』につながった1年だったかもしれません」と新谷は振り返る。 しかし、その間にはコロナ禍、東京五輪の1年延期などもあり、「本来であれば『勝負』の1年」だったものの、それどころではない状況でもあった。ただ、新谷自身は常々語るように「やるべきことをやってきました」。 そのうえで、「勝負をして、勝てた試合があまりなかった」という思いがある。再びやって来る「勝負の1年」に向けて、思い描くレースのために、また厳しいトレーニングに打ち込む覚悟だ。 今後は国内を拠点に自分自身を鍛え上げ、海外レースの開催情報へ常にアンテナを張りながら、スケジュールを調整していくという。五輪本番へのプランは、「5000mの日本記録(14分53秒22)を更新すること」が一番のポイントに挙げた。 それを春先にクリアできれば、ハーフマラソンなどの長い距離を踏みつつ、3000mなど中距離でスピードを磨く。口で言うほど簡単なことではないが、「うまくコントロールしながらやっていきたい」と新谷。その力を集約させるのが、10000mだ。東京五輪で「メダル」を獲得するためのレースプランとは――。 「これまで世界大会を経験して、単純にスピードを身につけるだけでは勝負にならない、(スピードで優る)相手の土俵になると感じています。だから、まずは総合的なタイムを上げたうえで、最初から自分の土俵へ持っていく走りをする。世界は29分30秒というレベルですが、29分台は世界でもまだ少数です。最初から1000m3分を切るペースで9000mまでいけば、後ろについてくる選手はそれほど多くないと思います。それが2人であれば銅メダル、1人であれば銀メダルになるはずです」 10000mで日本人初の29分台を出せるほどの高いスピードを身につけていくことは大前提として、自らの強みである「リズム」の水準を「1000m3分切り」に上げることが、これからの課題。しかも、それを東京の夏に最後まで維持し続けなければならない。 以前は取り組んでこなかった長い距離の走り込みも厭わず、これまで経験したことのなかったフィジカルトレーニングでも男子並みの負荷を姿勢を崩さず実施できるまでになった。東京五輪までに、できることはすべてやる。どんな準備をしても、レースに出る前には逃げ出したくなる。それでも、逃げない。 「仕事である以上、結果を求められている以上はどんなことをしても結果を取りに行きます。試合前がどんな状態でもやる時はやるので、期待していてほしい」 新谷は笑顔で、きっぱりと語った。 文/小川雅生

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

NEWS 日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大 […]

NEWS 高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

2024.05.29

高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福島県大会は5月24日~27日の4日間、福島市のとうほうみんなのスタジアムで行われた。 男子では八種競技は3年前 […]

NEWS 喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

2024.05.29

喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 沖縄県大会は5月24日~27日の4日間、タピック県総ひやごんスタジアム(県総合運動公園陸上競技 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top