月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】びわ湖毎日マラソン歴史に幕 22年大会から大阪マラソンと統合

日本陸連はと毎日新聞社の連盟で、主催してきたびわ湖毎日マラソンについて「2020年以降の大会を『大阪マラソン』と統合する」と発表。国内で最も長い歴史を持つ大会が一つの区切りを迎えることになった。

すでに各メディアで廃止が報じられていたびわ湖毎日マラソン。1946年に大阪で「全日本毎日マラソン」として産声を上げ、1962年に滋賀県に移った。その後、1983年に「びわ湖毎日マラソン」に名称を変更し、これまで行われてきた。大津市の皇子山陸上競技場を発着し、前半は琵琶湖に沿って南下し、琵琶湖を一度渡って折り返すコース。国内外のエリートランナーが集結する国際レースで、持ち回りの日本選手権としても開催され、五輪・世界選手権の選考レースでもあった。名ランナーたちにより数々の名勝負が誕生し。世界陸連(WA)のランクも2019年大会まで最上位のゴールド(※2020年からプラチナに次ぐ2番目)だった。

だが、日本陸連は「この十数年でマラソンを取り巻く環境は国内外で大きく変化した」とし、「国内では各地で市民マラソン大会が開かれ、大規模な市民マラソンを併設した東京、名古屋ウィメンズ両大会がWAのプラチナに格付けされ、マラソンの高速化、大規模化が大きな潮流となっている」とコメント。びわ湖毎日マラソンも変化に対応するよう対策を練ってきたが、「長年にわたる大会の歴史を継続・発展させ、マラソン界の活性化を図るには大阪マラソンとの統合が最善との判断に至った」と、統合の理由を説明している。

びわ湖毎日マラソンとして滋賀県で開催されるのは来年2月28日に開催予定の第76回大会を最後。2022年大会は「第10回大阪マラソン・第77回びわ湖毎日マラソン統合大会(仮称)」として2月27日(予定)大阪で開催する。詳細については来春をめどに発表する見通し。

風光明媚なコースをトップ選手たちが駆け抜けた、歴史と伝統が刻まれたマラソンがまた一つ、姿を消すことになった。

日本陸連 横川浩会長コメント
「約60年にわたり琵琶湖湖畔を舞台としてきたマラソンを、親しみをもって育てて下さいました滋賀県、大津市をはじめ多くの皆様に改めて心より感謝申し上げます。半世紀を超える歴史の中で繰り広げられた、数多くの名勝負は、私たちの脳裏に焼き付き、この地を離れても末永く語り継がれていくことでしょう。大都市マラソンである大阪マラソンとの統合においても、びわ湖で培った毎日マラソンの価値と伝統に基づく威厳はしっかりと継承されてゆくものと前向きに捉え、更なるマラソン界の発展に尽くして参ります。エリートランナー、一般ランナー問わず、ランナー一人一人のさまざまな走る動機や思いを大切に、マラソンに携わるすべての人々が誇りを持つ競技会を作り上げていきたいと思います」


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com