HOME ニュース、海外

2020.12.18

【海外】20km競歩元世界記録保持者ニヒル氏が81歳で死去 64年東京五輪銀メダル
【海外】20km競歩元世界記録保持者ニヒル氏が81歳で死去 64年東京五輪銀メダル

男子20km競歩の元世界記録保持者、ポール・ニヒル氏(英国)が新型コロナウイルス感染の後、12月15日に病院で亡くなった。81歳だった。
ニヒル氏は1960年代の競歩隆盛期に活躍した選手の一人。1964年東京五輪では50km競歩で銀メダルを獲得、68年メキシコシティ五輪でも同種目に出場した。72年ミュンヘン五輪では50km競歩・20km競歩の2種目に出場し、20km競歩で6位入賞。76年モントリオール五輪でも20km競技に出場している。4度の五輪出場は、英国の陸上選手として初めての功績だった。
1972年に20km競歩で出した1時間24分50秒の自己ベストは当時の世界記録。

男子20km競歩の元世界記録保持者、ポール・ニヒル氏(英国)が新型コロナウイルス感染の後、12月15日に病院で亡くなった。81歳だった。 ニヒル氏は1960年代の競歩隆盛期に活躍した選手の一人。1964年東京五輪では50km競歩で銀メダルを獲得、68年メキシコシティ五輪でも同種目に出場した。72年ミュンヘン五輪では50km競歩・20km競歩の2種目に出場し、20km競歩で6位入賞。76年モントリオール五輪でも20km競技に出場している。4度の五輪出場は、英国の陸上選手として初めての功績だった。 1972年に20km競歩で出した1時間24分50秒の自己ベストは当時の世界記録。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

NEWS 2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

2024.02.29

2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

世界陸連は2月28日、理事会を英国・グラスゴーで実施し、2027年の世界陸上開催地に中国・北京を選出した。 当地は2015年にも開催しており、12年ぶり2度目。2025年は東京で行われることが決まっており、2大会連続のア […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top