HOME バックナンバー
男子10000m日本新 特別インタビュー 相澤晃 東京五輪への熱走を振り返る
男子10000m日本新 特別インタビュー 相澤晃 東京五輪への熱走を振り返る

女子10000mで衝撃的な日本新記録が出たあと、日本選手権長距離の最終種目として行われた男子10000m。トラックにはまだ新谷仁美(積水化学)が演じた〝独走劇〟の余韻が漂っていたが、事前の予想を覆して男子も素晴らしいレースに。東洋大を出て社会人1年目の相澤晃(旭化成)が、チームの先輩・村山紘太が2015年に作った27分29秒69の日本記録を破るだけでなく、東京五輪参加標準記録の27分28秒00を初めて突破する27分18秒75をマークして、晴れの代表に内定した。当日は冷静に喜びを語っていた相澤だが、一晩経って心境はどう変わったのか、レースをどう振り返ったのか、翌日少しだけ時間をもらって聞いてみた。

広告の下にコンテンツが続きます

●構成/小森貞子

タイムは出ると思っていた

――レース後は記者会見があったり、ドーピング検査があったりでそんなに早くホテルに帰れなかったと思いますが、疲労があるなか、夜は寝られましたか。

相澤 ほとんど眠れませんでした(笑)。ボーッとしたり、友達に電話したり。今朝にかけていろんな方から連絡をいただいて、本当に応援されているんだなと実感しましたね。改めて、走りで恩返しできればと思いました。

――これほどのタイムが出ると思っていたのですか。

広告の下にコンテンツが続きます

相澤 東京五輪の参加標準記録は切れると思っていました。でも、(27分)18秒は自分が思っていたより上ですね。

――10月半ばに初めて27分台(27分55秒76)に入ったばかりなのに、そこから1ヵ月半で27分28秒00の標準記録が見えていたのですか。

相澤 トラックとロードは別物だと思いますが、去年(2019年)の全日本大学駅伝の時、10㎞を27分40秒台で通過できて、しかも感覚的にはきつくなかったんです。その感覚をベースに、どれだけ標準記録に近づけるかをこの1年間やってきて、10月の記録会もまだまだ練習途上でした。このまま練習をこなしていけば、タイムは出ると思いましたね。

――10月の記録会は、故障明けでしたね。

広告の下にコンテンツが続きます

相澤 故障明けと言っても、2ヵ月半ぐらいは経っていました。日本選手権に参加する標準記録を破るためのレースでしたので、比較的抑え目に、余裕を持って走ったんです。最後は余裕があったのでペースを上げて、そうしたら27分台に乗った、というぐらいの感覚でした。

――11月3日の九州実業団駅伝の後は、この日本選手権に向けて、チームの先輩の鎧坂哲哉さんと質の高い練習をやったそうですね。

相澤 鎧坂さんのメニューを一緒にやらせていただいて、しっかり同じメニューをこなすことができたので、すごく自信になりました。鎧坂さんに褒めてもらったんですよ(笑)。うれしかったです。

――鎧坂選手も日本選手権で代表入りを狙っていましたよね。

広告の下にコンテンツが続きます

相澤 練習を見ていても、鎧坂さんはしっかりやれていたので、一番のライバルになると思っていました。今回は自分が勝ちましたけど、積み上げてきたものは鎧坂さんのほうが上ですし、安定した実力はまだ鎧坂さんに劣ります。

7000mまでは絶対に動かない

――レースは、その鎧坂選手やマラソン代表の大迫傑選手(Nike)が前にいましたね。

相澤 レース前に鎧坂さんと「外国人選手の真後ろにつくのは、どうしても1周ごとにペースの上げ下げがあってきついよね」という話をしたんです。でも、思った以上に鎧坂さんが前のほうにいて「調子がいいのかな」と思ったり、途中で下がってきた時には「きついのかな」と思ったり、冷静に見てました。

――自分のレースプランは?

広告の下にコンテンツが続きます

相澤 「7000mまでは絶対に動かない」と決めていて、誰かが前に行って集団が分かれても、絶対に自分から前へ詰めないと思っていました。

――前の集団と間が空いても、ですか。

相澤 はい。絶対に誰かが詰めるとわかっていたので、本当に最後まで力を使わないように、残り3000m、あるいは残り2000mまで、絶対に自分で行かないと決めていました。そこで無理に上げてしまうと、詰めるのに3〜4秒かかって、ペースが速くなるので、そういう動きはしないようにしましたね。

――でも、前との距離が開いたら、焦りませんか。

広告の下にコンテンツが続きます

相澤 今回に関して言うと、ペースが速かったので、絶対にそのまま行き切る選手はいないだろうなと思っていましたし、絶対に誰かしらが詰めると思いました。みんなのこの大会に懸ける思いは、すごく強いとわかっていましたからね。そこは冷静に走ってました。

この続きは2020年12月14日発売の『月刊陸上競技1月号』をご覧ください。

 

※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する
定期購読はこちらから

広告の下にコンテンツが続きます
女子10000mで衝撃的な日本新記録が出たあと、日本選手権長距離の最終種目として行われた男子10000m。トラックにはまだ新谷仁美(積水化学)が演じた〝独走劇〟の余韻が漂っていたが、事前の予想を覆して男子も素晴らしいレースに。東洋大を出て社会人1年目の相澤晃(旭化成)が、チームの先輩・村山紘太が2015年に作った27分29秒69の日本記録を破るだけでなく、東京五輪参加標準記録の27分28秒00を初めて突破する27分18秒75をマークして、晴れの代表に内定した。当日は冷静に喜びを語っていた相澤だが、一晩経って心境はどう変わったのか、レースをどう振り返ったのか、翌日少しだけ時間をもらって聞いてみた。 ●構成/小森貞子

タイムは出ると思っていた

――レース後は記者会見があったり、ドーピング検査があったりでそんなに早くホテルに帰れなかったと思いますが、疲労があるなか、夜は寝られましたか。 相澤 ほとんど眠れませんでした(笑)。ボーッとしたり、友達に電話したり。今朝にかけていろんな方から連絡をいただいて、本当に応援されているんだなと実感しましたね。改めて、走りで恩返しできればと思いました。 ――これほどのタイムが出ると思っていたのですか。 相澤 東京五輪の参加標準記録は切れると思っていました。でも、(27分)18秒は自分が思っていたより上ですね。 ――10月半ばに初めて27分台(27分55秒76)に入ったばかりなのに、そこから1ヵ月半で27分28秒00の標準記録が見えていたのですか。 相澤 トラックとロードは別物だと思いますが、去年(2019年)の全日本大学駅伝の時、10㎞を27分40秒台で通過できて、しかも感覚的にはきつくなかったんです。その感覚をベースに、どれだけ標準記録に近づけるかをこの1年間やってきて、10月の記録会もまだまだ練習途上でした。このまま練習をこなしていけば、タイムは出ると思いましたね。 ――10月の記録会は、故障明けでしたね。 相澤 故障明けと言っても、2ヵ月半ぐらいは経っていました。日本選手権に参加する標準記録を破るためのレースでしたので、比較的抑え目に、余裕を持って走ったんです。最後は余裕があったのでペースを上げて、そうしたら27分台に乗った、というぐらいの感覚でした。 ――11月3日の九州実業団駅伝の後は、この日本選手権に向けて、チームの先輩の鎧坂哲哉さんと質の高い練習をやったそうですね。 相澤 鎧坂さんのメニューを一緒にやらせていただいて、しっかり同じメニューをこなすことができたので、すごく自信になりました。鎧坂さんに褒めてもらったんですよ(笑)。うれしかったです。 ――鎧坂選手も日本選手権で代表入りを狙っていましたよね。 相澤 練習を見ていても、鎧坂さんはしっかりやれていたので、一番のライバルになると思っていました。今回は自分が勝ちましたけど、積み上げてきたものは鎧坂さんのほうが上ですし、安定した実力はまだ鎧坂さんに劣ります。

7000mまでは絶対に動かない

――レースは、その鎧坂選手やマラソン代表の大迫傑選手(Nike)が前にいましたね。 相澤 レース前に鎧坂さんと「外国人選手の真後ろにつくのは、どうしても1周ごとにペースの上げ下げがあってきついよね」という話をしたんです。でも、思った以上に鎧坂さんが前のほうにいて「調子がいいのかな」と思ったり、途中で下がってきた時には「きついのかな」と思ったり、冷静に見てました。 ――自分のレースプランは? 相澤 「7000mまでは絶対に動かない」と決めていて、誰かが前に行って集団が分かれても、絶対に自分から前へ詰めないと思っていました。 ――前の集団と間が空いても、ですか。 相澤 はい。絶対に誰かが詰めるとわかっていたので、本当に最後まで力を使わないように、残り3000m、あるいは残り2000mまで、絶対に自分で行かないと決めていました。そこで無理に上げてしまうと、詰めるのに3〜4秒かかって、ペースが速くなるので、そういう動きはしないようにしましたね。 ――でも、前との距離が開いたら、焦りませんか。 相澤 今回に関して言うと、ペースが速かったので、絶対にそのまま行き切る選手はいないだろうなと思っていましたし、絶対に誰かしらが詰めると思いました。みんなのこの大会に懸ける思いは、すごく強いとわかっていましたからね。そこは冷静に走ってました。 この続きは2020年12月14日発売の『月刊陸上競技1月号』をご覧ください。  
※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する 定期購読はこちらから

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

【プレゼント】クレーマージャパンの 「2024全面昇華サマーウェア」半袖Tシャツ/2024年6月号

クレーマージャパンは、これから迎える本格的な夏シーズンに向けて「2024全面昇華サマーウェア」の半袖Tシャツおよびボタンダウンポロシャツの受注生産をオンラインショップでスタートした。 このウェアは、ランニングシャツなどに […]

NEWS 谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

2024.05.20

谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 愛知県大会は5月17日~19日の3日間、岡崎市龍北総合運動場(マルヤス岡崎龍北スタジアム)で行われた。 広告の下にコン […]

NEWS ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

2024.05.20

ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 東京都大会は5月5日、11~12日、18~19日の5日間、駒沢陸上競技場(5日はハンマー投のみ […]

NEWS 東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

2024.05.20

東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

女子3000m障害東京五輪銀メダルのC.フレリックス(米国)が前十字靭帯と半月板の手術を受けたことを自身のSNSで報告した。 インスタグラムに手術後の自身の写真とともに文章を投稿し、水濠練習の際に膝前十字靭帯の完全断裂と […]

NEWS 川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

2024.05.20

川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 茨城県大会は5月15日~18日の4日間、笠松運動公園陸上競技場(水戸信用金庫スタジアム)で行われた。 広告の下にコンテ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top