月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】ニューイヤー駅伝エントリー発表 五輪代表の中村匠吾、服部勇馬、相澤晃ら


来年1月1日に群馬県で行われる全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)のエントリー選手が発表された。

連覇中の旭化成は鎧坂哲哉や村山謙太・紘太、市田孝・宏の「ダブル・ツインズ」、そして12月の日本選手権10000mを日本新で優勝して五輪代表に内定した相澤晃らがエントリーされた。前回2位のトヨタ自動車は五輪マラソン代表の服部勇馬も、12月の福岡国際マラソンは欠場しており心配されたが、無事にエントリー。藤本拓らが名を連ねる。前回予選敗退から東日本実業団を制してリベンジを誓う富士通は、マラソン五輪代表の中村匠吾、塩尻和也がメンバー入りしている。

■第65回全日本実業団対抗駅伝
2021年1月1日 7区間100.0km

■東日本
富士通 2年ぶり30回目
GMOインターネット 2年連続2回目
Honda 37年連続38回目
ヤクルト 8年連続41回目
日立物流 9年連続9回目
カネボウ 6年連続58回目
JR東日本 3年連続15回目
コニカミノルタ 36年連続46回目
サンベルクス 3年ぶり3回目
埼玉医大グループ 初出場
NDソフト 4年ぶり2回目
コモディイイダ 2年連続2回目
■中部(6)
トヨタ自動車 32年連続42回目
トヨタ紡織 24年連続24回目
愛三工業 20年連続20回目
トーエネック 9年連続11回目
愛知製鋼 16年連続37回目
中央発條 7年連続38回目
■北陸(1)
YKK 29年連続31回目
■関西(5)
NTT西日本 13年連続56回目
住友電工 4年連続7回目
SGホールディングスグループ 26年連続27回目
大阪ガス 2年連続9回目
大塚製薬 2年ぶり26回目
■中国(5)
マツダ 19年連続56回目
中国電力 29年連続29回目
JFEスチール 2年連続44回目
中電工 25年連続25回目
日本製鉄瀬戸内 21年ぶり9回目
■九州(8)
旭化成 35年連続58回目
三菱重工 12年連続25回目
トヨタ自動車九州 12年連続19回目
九電工 46年連続52回目
黒崎播磨 10年連続33回目
安川電機 31年連続43回目
ひらまつ病院 4年連続4回目
戸上電機製作所 2年ぶり2回目

ニューイヤー駅伝のエントリーをチェック!

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com