月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】箱根駅伝の当日メンバー変更が4人から6人へ 選手への負担を軽減


関東学連は12月1日、箱根駅伝の「メンバー変更」に関する規定を変更すると発表。当日変更が4人から6人へと拡大されることが決まった。

これまで箱根駅伝は12月10日頃にチームエントリー16名以内を提出し、12月29日の区間エントリーを登録。往路・復路とも当日レース開始1時間10分前に、当日変更として交替を4名まで許可している。

規定変更後は「メンバー変更は6名まで」(正選手と補欠選手の入れ替えのみ)となり、往路・復路でそれぞれ「1日に変更できる最大人数は4人まで」と定められた。これまでは両日含めて最大4名だったことで、故障者や体調不良者に負担を強いる状況も少なからずあった。そうした選手への負担がかかることがないようにという配慮から規定の変更を決めたという。なお、区間変更は認められない。ルールの変更は2021年1月2日、3日に行われる第97回大会から採用され、その後も適用される。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com