HOME バックナンバー
月刊陸上競技2009年11月号
月刊陸上競技2009年11月号

Contents

速報 新潟国体
山田壮太郎 18m64の日本新!!
戸邉直人 20年ぶり高校新2m23
高2・西池和人 男子10000mで28分39秒04の激走
男子ハンマー投の柏村亮太 ジュニア日本新4発
丹野麻美 女子800mで日本歴代3位
全日本実業団対抗
久保瑠里子 女子800mで2分02秒99
富士通が男女総合4連覇
スーパー陸上
銅メダリスト 村上 82m41の凱旋スロー
ゲイ10秒13 貫禄の勝利
ベルリン・マラソン
上海GP
連載  村上幸史 ――15年のやり投半生――
「日本人だってやれるんだ」(第2回 出会い )
村上幸史を 徹底解剖
師弟対談「銅メダリスト誕生秘話」
濱元コーチが語る「〝世界〟に通じた技術」
箱根駅伝予選会 展望
10月17日 立川決戦を占う
全日本大学駅伝 展望

4連覇を狙う駒大と早大が激突
高校駅伝 都道府県大会 展望

特別対談 武冨 豊(天満屋監督)×坂口 泰(中国電力監督)
〝マラソン・ニッポン〟が 進むべき道は?
連続写真で見る タイソン・ゲイのスプリントテクニック
伊東浩司氏,塚原直貴選手が解説
新連載 私の〝原点〟Training
男子走幅跳 森長正樹(日大コーチ)
情報コーナー

WORLD TOPICS
国際陸上評論
Newsフラッシュ
Record Room
INFORMATION
Gekkan Calendar
MIZUNO TRACK CLUB INFORMATION
4団体情報

技術コーナー

アスリートのための 食事と栄養学 実践編(花谷遊雲子,松谷紀枝子)
アスリートのためのコンディショニング ~足部のケアについて(加藤 基)~
クロス・コンディショニング ~全身運動のバリエーション1~
陸上競技のサイエンス ~走幅跳の助走スピードの標準値(小山宏之)~
連続写真で見る陸上競技の技術(江里口匡史(早大)/我孫子智美(同大) )
トレーニング講座

好評連載

TEAM FILE [生光学園中学校・高等学校(徳島)・田上中学校(滋賀)]
陸上つわもの列伝(室矢芳隆)

マイプライバシー(モーゼス夢)
Young Athletes Forum

カード決済、ケータイ決済、コンビニ決済、銀行振込で購入する

※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
代引き、郵便振替で購入する 定期購読はこちらから

Contents

速報 新潟国体 山田壮太郎 18m64の日本新!! 戸邉直人 20年ぶり高校新2m23 高2・西池和人 男子10000mで28分39秒04の激走 男子ハンマー投の柏村亮太 ジュニア日本新4発 丹野麻美 女子800mで日本歴代3位 全日本実業団対抗 久保瑠里子 女子800mで2分02秒99 富士通が男女総合4連覇 スーパー陸上 銅メダリスト 村上 82m41の凱旋スロー ゲイ10秒13 貫禄の勝利 ベルリン・マラソン 上海GP 連載  村上幸史 ――15年のやり投半生―― 「日本人だってやれるんだ」(第2回 出会い ) 村上幸史を 徹底解剖 師弟対談「銅メダリスト誕生秘話」 濱元コーチが語る「〝世界〟に通じた技術」 箱根駅伝予選会 展望 10月17日 立川決戦を占う 全日本大学駅伝 展望 4連覇を狙う駒大と早大が激突 高校駅伝 都道府県大会 展望 特別対談 武冨 豊(天満屋監督)×坂口 泰(中国電力監督) 〝マラソン・ニッポン〟が 進むべき道は? 連続写真で見る タイソン・ゲイのスプリントテクニック 伊東浩司氏,塚原直貴選手が解説 新連載 私の〝原点〟Training 男子走幅跳 森長正樹(日大コーチ) 情報コーナー WORLD TOPICS 国際陸上評論 Newsフラッシュ Record Room INFORMATION Gekkan Calendar MIZUNO TRACK CLUB INFORMATION 4団体情報 技術コーナー アスリートのための 食事と栄養学 実践編(花谷遊雲子,松谷紀枝子) アスリートのためのコンディショニング ~足部のケアについて(加藤 基)~ クロス・コンディショニング ~全身運動のバリエーション1~ 陸上競技のサイエンス ~走幅跳の助走スピードの標準値(小山宏之)~ 連続写真で見る陸上競技の技術(江里口匡史(早大)/我孫子智美(同大) ) トレーニング講座 好評連載 TEAM FILE [生光学園中学校・高等学校(徳島)・田上中学校(滋賀)] 陸上つわもの列伝(室矢芳隆) マイプライバシー(モーゼス夢) Young Athletes Forum カード決済、ケータイ決済、コンビニ決済、銀行振込で購入する
※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
代引き、郵便振替で購入する 定期購読はこちらから

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top